理学療法士・作業療法士

理学療法士の教育制度について 理学療法士の教育制度について

理学療法士は中枢神経・整形外科・呼吸器および循環器疾患の各々を中心に担当する部門に分かれています。新卒者は新人指導者のもと2年間で4つの部門を経験し、3年目以降は専門性を高めるために自身の希望する部門に所属します。また、臨床指導だけではなく、修士課程(理学療法学)を修了しているスタッフによる臨床研究や学会発表の指導も行われています。

取得資格一覧

  • 認定理学療法士
    ひとを対象とした基礎領域 1名
    運動器 2名
    脳卒中 3名
    呼吸 1名
  • 心臓リハビリテーション指導士 1名
  • 専門的なリンパ浮腫研修修了者 1名
  • 3学会呼吸療法認定士 2名
  • ICLSインストラクター 1名
  • 東京糖尿病療養指導士 1名
  • 日本DMAT隊員 1名
  • 修士課程修了(理学療法学) 2名
  • 国際PNF協会認定
    ベーシックコースPNF1・2修了 1名
    アドバンスコース3b修了 1名
    柔道整復師 2名
  • 介護支援専門員 1名
  • 福祉住環境コーディネーター2級 1名
  • 障害者スポーツ指導員(初級) 1名
  • SJF基礎コース修了 1名

※資格取得のための病院補助制度があります。

作業療法士の教育制度について 作業療法士の教育制度について

作業療法では、作業療法学科の学生を受け入れ評価実習から臨床実習を行います。更に新人教育からスタッフ間同士における脳卒中に対する機能促通改善練習や整形外科におけるスプリント作成、高次脳機能障害に対するアプローチ検討や教育向上を行っております。

取得資格一覧

  • 専門的なリンパ浮腫研修修了者 1名
  • 福祉住環境コーディネーター2級 1名
  • 福祉用具専門相談員 1名
  • 日本ハンドセラピ―学会認定
    ハンドスプリントアドバンス修了 1名
  • 精密知覚機能修了 2名
  • ホームヘルパー2級 2名
  • SJF基礎コース修了 1名

※資格取得のための病院補助制度があります。

言語聴覚士の教育制度について 言語聴覚士の教育制度について

言語聴覚療法は、個人のアイデンティティに直結しやすい言語機能や高次脳機能に深く関与する領域であり、嚥下障害に関連する訓練および摂食嚥下機能療法については常に誤嚥のリスクを伴う領域です。新人スタッフについてはこれらの知識や技能の習得が十分ではない可能性があり、入職時より臨床指導者(SV)が個別に指導する必要があると考えられます。SVは、原則として経験5年以上のスタッフがその任にあたり、新人1人に対しSV1人が1年以上の専門的指導を継続することとしております。言語聴覚士としての業務や配慮に不足が生じないように、段階的体制を設けてすすめていきます。

取得資格一覧

  • 認定心理士 1名
  • ホームヘルパー2級 1名

※資格取得のための病院補助制度があります。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter