肺がん治療

肺がんセンター紹介 肺がんセンター紹介

がん専門病院ではなく
総合病院の中の“肺がんセンター”を始めます

肺がん治療は従来から手術、化学療法、放射線療法が三本柱といわれ、それぞれを呼吸器外科、呼吸器内科、放射線治療科で担当してきました。しかし近年、様々な合併症を持つ肺がん患者さんが増加し、脳梗塞後の患者さんは脳神経内科、重い心疾患を持つ患者さんは循環器内科、重症の糖尿病の患者さんでは糖尿病内科といったように、関連各科との総合的な協力関係が大変重要になりました。また、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の出現など、従来の発想を大きく覆すような肺がん治療も日々進歩しており、一人ひとりの患者さんに合わせた個別化医療を推進していかなければならない時代となりました。ここで必要となるのは、総合力を持った病院の、レベルの高い肺がん治療であると考えます。

 

私達はがん専門病院や大学病院などでは難しい、垣根のない機能的で柔軟かつ専門的な医療チームの立ち上げを目指してきました。東京都済生会中央病院は新病棟完成から2年が経過し、ハード面・人材面共に充実しました。特に肺がんの診断(呼吸器内視鏡、画像診断、病理診断など)から治療(手術、抗がん化学療法、放射線療法など)までの診療科は勿論のこと、脳梗塞、心疾患や糖尿病など肺がん以外の合併症対策にあたる関連各科もさらに充実し、肺がん診療に対し穴のない布陣を実現しました。

ここで私達は東京都済生会中央病院“肺がんセンター”を立ち上げ、科の枠にとらわれずに肺がん治療に立ち向かうことを宣言いたします。

 

肺がんセンターでは、肺がんを中心とした胸部悪性腫瘍に対して呼吸器内科、呼吸器外科、放射線治療科、病理診断科が一つになって診断・治療を行います。合併症管理については総合病院の中の”肺がんセンター”としての強みを生かし、がん専門病院では成しえない、院内各科の緻密な連携のもとで安全に治療を完遂できるように進めて参ります。

我々の使命は一人ひとりの患者さんに最善の肺がん治療を提供することです。皆様の信頼を得て、我々の総力を結集した肺がん診療にこれまで以上に邁進したいと思っております。

 

東京都済生会中央病院 肺がんセンター

センター長  梶 政洋(呼吸器外科)

副センター長 笹田真滋(呼吸器内科)

肺がんセンターの方針 肺がんセンターの方針

  • 1. 呼吸器内科・外科の担当医による初診を毎日受付けています。
  • 2. 未確診の方も広く受け入れ、気管支鏡による診断・治療をスピーディーに行います。
  • 3. 初診日にCTを撮り、大まかな治療方針をその日のうちに患者さんに説明いたします。
  • 4. 肺がん以外の病気(脳梗塞、心臓病や糖尿病など)を合併している方も積極的に対応します。
  • 5. 手術する場合は、極力最短の日程で実施します。
  • 6. 関係各科合同によるカンファレンスにて方針を決め、速やかに治療に取りかかります。

≪肺がんの初診枠を毎日確保≫

呼吸器外科・呼吸器内科の担当医が、肺がん及び肺がんが疑われる患者さんの各種相談をお受けします。月曜日から土曜日まで毎日初診の方を受け付けています。

 

≪対象・・・未確診でも大丈夫です。≫

検診のレントゲン写真やCT等で胸部異常陰影を指摘された方や、血痰などの症状のある患者さんが、肺がんセンター外来の対象です。肺がんの確定診断がついていない場合でも問題ありません。

 

≪肺がんの診断と治療≫

初診の後、速やかに検査を行い、病状を把握した上で初診当日に大まかな治療方針を説明いたします。その後、カンファレンスなどで意思統一し、個々の患者さんに合わせた方針を打ち出します。最初の外来窓口が誰になっても、共通した治療を受けていただけます。
 

≪身体合併症・周辺症状への対応≫

がん専門病院とは違い、肺がん以外の合併症に関しては循環器内科や脳神経内科、糖尿病内科等の関係各科が密接な協力体制の下、タッグを組んで同時に診療に当たります。速やかで柔軟な対応が可能です。

 

≪地域連携の推進≫

肺がん患者さんの日常生活や緩和ケアを地域で支えるために、医療機関のみならず区役所、訪問看護ステーション、ケアマネージャーなど多職種の方たちとの連携を推進して参ります。

 

≪情報発信≫

当センターは肺がんに関するさまざまな情報を発信していきます。当院では一般市民の方を対象とした肺がん関連セミナーやファミリーサロンなどを主催し、肺がん関連の情報発信や予防活動などを継続します。肺がんに関する最新治療の情報や当院での治療実績についても、ホームページなどで適宜公開いたします。

呼吸器外科の特色 呼吸器外科の特色

呼吸器外科で治療を⾏っている対象疾患は、肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、気胸、膿胸などです。特に、私達は肺がん診療に⼒を⼊れ、⽇々研鑽を積んで参りました。

1.胸腔鏡(内視鏡)を中心とした早期肺癌に対する低侵襲⼿術の追求

現在は殆どの⼿術で胸腔鏡を使⽤しております。胸腔鏡手術は従来の⼿術法と⽐べ疼痛や機能障害、体への負担が少ない術式です。胸腔鏡手術は開胸手術と比べ術後合併症も少なく、入院期間が短くなるとされています。

2.集学的治療の実施

肺がん治療の三本柱である⼿術、抗がん化学療法、放射線療法を組み合わせた治療(集学的治療)を患者さんの合併症などに応じ関連各科との密な連携のもと取り組んでおります。

3.総合病院の中の呼吸器外科

各科の協⼒のもと、通常では⼿術や治療が困難である様々な合併症を持った患者さんにも適切な治療を⾏うことができます。⻑年の診療の積み重ねによる信頼を得て、「病病連携」を締結している癌研有明病院や国⽴がん研究センター等のがん専⾨病院から⼼臓疾患や脳⾎管障害などの合併症を持つ肺がん患者さんをご紹介頂き、当院で⼿術を実施しております。

4.親⾝で丁寧な診療の実践

肺がん治療は⼿術で終わりではありません。その後も⻑期にわたり注意深い経過観察をし、場合によっては追加治療を行う必要があります。私達は術後も親⾝で丁寧、かつ継続的な診療を⼼掛け、実践しています。

⼿術後は⼀⽣のお付き合いであると思っております。巷でいわれる”がん難⺠”という⾔葉は、当科では存在しません。⼀度外来の雰囲気を⾒て頂ければ幸いです。

胸腔鏡手術の光景

呼吸器内科の特色 呼吸器内科の特色

1.診断およびガイドラインに基づいた適切な治療方針決定

肺がんの検査には、喀痰検査や気管支鏡を用いた病理学的診断があります。胸水が貯まっている場合は、胸水を採取しがん細胞の有無を調べます。肺がんの進行度を調べる検査には、CT、PET、MRI、超音波検査などが用いられます。以上の検査で、肺がんの種類と進行度を明らかにし、小細胞がんと非小細胞がん(扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんなど)に分け、ガイドラインに基づき、かつひとり一人の患者さんに合った治療方針を決定します。

2.多くの経験に基づいた呼吸器内視鏡技術の提供

呼吸器内視鏡部門としては、超音波気管支鏡、胸腔鏡などの最新機器を導入し、診断精度の向上に創意工夫をしております。診断としては病理診断科と連携し網羅的遺伝子パネルを用いた肺癌遺伝子検査実施の検討を行います。また気道処置(ステントや腫瘍切除)、クライオバイオプシー(組織を凍結して採取する新しい技術)といった呼吸器インターベンションも実施しております。

3.多職種の協力体制

診療体制としては、医師、看護師、理学療法士、臨床工学士、薬剤師、医療相談員などの多職種が呼吸リハビリ、呼吸管理、慢性期の療養方針などに関わり、協力体制をとっています。

  • 仮想気管支ナビゲーションを併用した肺末梢小型病変に対する経気管支生検(EBUS-GS)

  • 縦隔リンパ節に対する超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)

肺がんセンター外来について 肺がんセンター外来について

月曜から土曜の毎日、以下の医師が、担当いたします。

呼吸器外科

·  梶 政洋(かじ まさひろ)呼吸器外科部長、肺がんセンター長

 専門分野:肺がん外科治療、縦隔腫瘍、気胸、膿胸、呼吸器外科一般

·  大村 征司(おおむら せいじ)呼吸器外科医員 

 専門分野:肺がん外科治療、縦隔腫瘍、気胸、膿胸、呼吸器外科一般

呼吸器内科

·  中村 守男(なかむら もりお)院長補佐、呼吸器内科部長

 専門分野:呼吸器内科一般、肺がん、呼吸器感染症、慢性閉塞性肺疾患

·  笹田 真滋(ささだ しんじ)呼吸器内科医長、肺がんセンター副センター長

 専門分野:肺がん、呼吸器内視鏡、呼吸器内科一般

·  高橋 左枝子(たかはし さえこ)呼吸器内科副医長 

 専門分野:肺がん、呼吸器内科一般、慢性閉塞性肺疾患

·  石岡 宏太(いしおか こうた)呼吸器内科医員

 専門分野:肺がん、呼吸器内科一般

·  桐田 圭輔(きりた けいすけ)呼吸器内科医員

 専門分野:肺がん、呼吸器内視鏡、呼吸器内科一般

·  臼井 優介(うすい ゆうすけ)呼吸器内科医員

 専門分野:呼吸器内科一般

·  土屋 悠海(つちや ゆみ)総合診療内科医員

 専門分野:呼吸器内科一般、救急

·  村田 支優(むらた さおり)呼吸器内科専修医

 専門分野:呼吸器内科一般

【肺がんセンター外来表】

午前
午後 -

受診について

 ※地域医療機関からの紹介状をお持ちになり、事前に予約の上ご来院ください。お電話の際は、「肺がんセンター受診」とお申し付けください。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter