治験について

治験とは 治験とは

治験とは

これまで多くの「くすり」が開発され、多くの患者さんがその恩恵を受けています。「くすり」は効果があり危険性が少ないことが重要です。医薬品開発の最終段階では、どうしても人で有効性と安全性を調べなければなりません。このような、人で有効性と安全性を調べる試験のことを「臨床試験」と言い、その中でも国(厚生労働省)から「くすり」として認めてもらうために行う臨床試験のことを「治験」と言います。現在、病気の治療などに使われている「くすり」は多くの患者さんのボランティアによる「治験」を経て誕生したものです。

治験を行うときのルール

治験を実施する際は、治験に参加される患者さんの人権や安全性が最大限に守られなければなりません。そして、治験により得られた有効性や安全性が科学的な方法で正確に調べられるように、治験は国(厚生労働省)の定めた法律(医薬品の臨床試験の実施の基準:GCP)に従って行われます。また、治験を行う病院は、設備・スタッフがそろっていることが必要です。治験を実施するにあたり、治験の内容について病院外部の第三者を交えた治験審査委員会(IRB)を院内に設置し、十分な審査を行っています。

治験への参加は患者さんの自由意思で

治験に参加をご希望される患者さんには、治験担当医師から、治験の「目的・方法」や治験薬に関する説明文書をもとにその内容について詳しく説明させていただきます。その説明を受けたうえで「分からないこと」「確認したいこと」などあれば、遠慮なくご質問ください。説明にご納得がいただけるようでしたら、是非、治験にご参加ください(治験同意書にご署名ください)。いったん同意した場合でも、途中でやめる(同意を取り消す)ことはいつでも可能です。その場合、患者さんの今後の治療において不利益になることはありません。ご安心ください。

現在実施中の治験 現在実施中の治験

当院では、現在下記の疾患を対象とした治験を行っています。

下肢血行再建術施行後の症候性末梢動脈疾患患者を対象とした重大な血栓性血管イベントの発現リスクの低減におけるリバーロキサバ ンの有効性及び安全性を検討する国際共同、多施設共同、無作為化、二重盲検、プラセボ対照第Ⅲ相試験(VOYAGER PAD) 心臓血管外科 登録終了/
治験継続中
早期アルツハイマー病患者を対象としたE2609の第Ⅲ相試験 総合診療内科 登録終了/
治験継続中
浅大腿動脈及び近位膝窩動脈病変の治療におけるBSJ011Rと標準的なバルーン血管形成術を比較するランダム化試験 循環器科 登録終了/
治験継続中
高血圧疾患に対するPRDS-001検証試験 循環器科(PDF) 登録中
糖尿病性腎臓病(DKD)と臨床診断された2型糖尿病患者における腎疾患の進行に関して、標準治療に上乗せしたfinerenoneの有効性及び安全性を検討する多施設共同、無作為化、プラセボ対照、二重盲検、並行群間、イベント主導型試験 糖尿病・内分泌内科 登録終了/
治験継続中
糖尿病性腎臓病(DKD)と臨床診断された2型糖尿病患者における心血管系疾患の罹患率及び死亡率の低下に関して、標準治療に上乗せしたfinerenoneの有効性及び安全性を検討する多施設共同、無作為化、プラセボ対照、二重盲検、並行群間、イベント主導型試験 糖尿病・内分泌内科 登録終了/
治験継続中
ポルフィリン症患者に対するENVISION試験 神経内科・総合診療内科 登録終了/
治験継続中
血栓性脳梗塞患者を対象としたCS-747Sの第Ⅲ相試験 神経内科 登録中
脳梗塞患者を対象としたHLCM051の第II/III相試験 神経内科 登録中

治験審査委員会 治験審査委員会

当院では治験審査委員会が設置されています

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter