がん診療統括センター

がん医療の概要 がん医療の概要

当院のがん医療の特徴は一言でいえば、専門性・機動力・総合力とアットホームな雰囲気を兼ね備えたチーム医療といえます。心臓病や糖尿病等の生活習慣病を抱えた患者さんががんになっても、安心して最良の治療を受けられるよう、院内の各専門科はもとより地域の医療機関とも密接に連携して、切れ目のない全人的ながん診療に努めております。進行度、予後規定因子、併存疾患、全身状態など個々の患者さんの状態を総合的に判断した上で、最適な治療法を選択します。手術療法、放射線治療、薬物療法と最新のエビデンスに基づいた治療を行います。当院では医師、がん看護専門看護師、がん薬物療法認定薬剤師、緩和ケアチーム、医療ソーシャルワーカー等がチームとなり、患者さんの診断、治療からケア、生活面の問題解決などに積極的に取り組んでおります。

外科的治療 外科的治療

内科的治療 内科的治療

薬物療法・合併症治療・消化器内視鏡・気管支鏡検査など各内科の専門医が高度な医療を提供します。

放射線治療 放射線治療

当院では、全疾患に丁寧な3次元治療計画を行い、最新のリニアックによる外部照射を行っております。従来機より副作用が少なく、安定した治療が行えます。

緩和ケア治療 緩和ケア治療

緩和ケアチームは、緩和医療の経験の豊富な医師・看護師・薬剤師のほか、理学療法士・管理栄養士・歯科衛生士・ソーシャルワーカーなどの多職種から構成され、緩和ケアを必要とする患者さんに対し、トータルケアを行い、患者さんが十分満足の得られる緩和医療を提供します。

  • 緩和ケア委員会メンバー

  • カンファレンスの様子

キャンサーボードについて キャンサーボードについて

肺がんキャンサーボード、消化器科キャンサーボード、血液内科キャンサーボード、婦人科キャンサーボード、泌尿器科キャンサーボード、耳鼻咽喉科キャンサーボード、乳がんキャンサーボードを定期的に開催し、患者の治療方針の決定および経過報告をしております。

がん登録について がん登録について

がん登録について

がん登録は、がん医療の質の向上を目的とし、各病院でがんの診断・治療を受けた全患者さんの診断・治療・予後に関する情報を登録・分析し、がん対策の立案、評価にも重要な役割を担っています。

がん登録について詳細をお知りになりたい方は、厚生労働省「がん登録とは」をご覧ください。

院内がん登録について

当院では「がん登録等の推進に関する法律」および「院内がん登録の実施にかかる指針(厚生労働省告示)」に基づき院内がん登録を行っています。

院内がん登録には、当院で「がん」と診断されたすべての患者さんが対象となります。

院内がん登録により得られた個人情報は、「個人情報保護法」および「東京都済生会中央病院個人情報保護方針」に基づき厳重な保管・管理をしています。

院内がん登録ついて詳細をお知りになりたい方は、国立がん研究センターがん情報サービス「院内がん登録とは」をご覧ください。

がん登録の趣旨をご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。

予後調査支援事業への参加について

院内がん登録において、当院内で予後情報を把握できない場合、国立がん研究センターが実施する「予後調査支援事業」に参加し、各市区町村への住民票照会を行っています。

予後調査支援事業による国立がん研究センターへの個人情報の提供に同意されない患者さんは、その旨を当院のがん情報管理室へお申し出ください。同意されない患者さんに、診療に関しての不利益はございません。また、お申し出後でも撤回、変更をすることは可能です。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter