ご寄付のお願い

なでしこ基金について なでしこ基金について

皆様の「心」を済生の「心」に生かすなでしこ基金です。

済生会中央病院は、明治天皇の御下賜金をもとに、時の総理大臣桂太郎が全国から寄付金を募り、明治44年に創立された恩賜財団済生会の基幹病院として、大正4年に開設されました。初代院長、北里柴三郎以来、創立の精神を受け継ぎ、地域医療と社会福祉に大きな貢献を果たして参りました。「患者さん方に、高度で質の良い医療と看護を提供する」との基本姿勢のもとに、医師・看護師はもとより全職員が一体となって日夜努力を重ねております。

しかし、現在のわが国の医療と福祉制度には、皆様方がお考えになっておられる以上の制限があり、質の高い医療を行うには、高水準のマンパワー、高度な医療機器・資材を必要とするなど、現行の制度内では難しい面が多々あります。

私たちはより良い医療をめざし、他ではまねのできない特色を持つ病院として、患者さんのために力の限りを尽くしたいと思っておりますが、私ども一病院の負担で行うことには限界があることも事実です。高齢化社会を迎え、厳しさを増す医療財政の中で、皆様方のお力をお借りできれば大きな助けとなります。どうぞ、私たちの診療のあり方に温かいご理解をいただき、「なでしこ基金」にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ご寄付の方法について ご寄付の方法について

お申込み方法

寄付申込書をご記入の上、主治医、看護師、スタッフステーション、医事課窓口または総務課にお申し出ください。
申込書を郵便でお送りいただく場合は、済生会中央病院総務課「なでしこ基金」係までお願いします。
銀行振込の場合には、下記当院口座にお振込願います。

りそな銀行 麻布支店 普通預金 1062823

 

上記口座名 東京都済生会中央病院

お振込の場合でも、「なでしこ基金寄付申込書」は必要となります。

ご不明な点は総務課にお問い合わせください。

税法上の優遇措置について

済生会は社会福祉法人ですから、寄付金は所得税法第78条及び法人税法第37条に定める寄付金として、特別の優遇措置が受けられます。
個人の場合は確定申告によって、所得金額から「寄付金額から2,000円を差し引いた金額」について控除が受けられます。(最高限度額は所得金額の40%以内)
法人の場合は、一般寄付の損金算入限度額の倍額まで損金として経理処理ができます。

新乳児院棟建築寄付金 新乳児院棟建築寄付金

当院の附属乳児院について

附属乳児院は、大正12年9月1日に発生した関東大震災での震災孤児救護のため、当時、済生会医務主管だった北里柴三郎先生が事業を開始したことを起源に持ち、「恩賜財団済生会臨時赤羽乳児院」として運営が始まりました。

新乳児院棟建築寄付金について

当院では、新乳児院建築を令和2年の竣工に向けて推進しています。
新乳児院建築にあたりましては、昭和45年に建てられました現在の乳児院では取り組むことが困難な、乳幼児のショートステイ事業をはじめとした子育て支援事業の充実強化を予定しています。新乳児院の建て替えにあたりましてのご寄付もよろしくお願いいたします。

当院へのご寄付は、社会福祉事業への寄付として確定申告していただくと税制上の優遇措置(寄付金控除)が受けられます。詳しくはお近くの税務署までお問い合わせください。

ご寄付の流れ

ご寄付にご協力いただける方は、まずは事務担当:國府田(こうだ)までお電話ください。

以下の寄付金申込書にご記入ください。新乳児院建築にあたってのご寄付は、新乳児院建築寄付金申込書にご記入ください。

寄付金申込書を、郵送またはFax、もしくはメールで國府田までお送りください。寄付金は下記までご入金ください。

領収書・税額控除に係る証明書をお送りいたします。入金確認には多少時間がかかる場合もありますのでご了承ください。

※乳児院まで直接お持ちいただくことも可能です。

問い合わせ・お申込み先

東京都済生会中央病院附属乳児院

住所:東京都港区三田1-4-17

Tel:03-3451-8289
Fax:03-3451-3232

メール:nyujiinjim@saichu.jp

担当:國府田(こうだ)

寄付金お振り込み先:みずほ銀行 芝支店 普通預金口座 8036249

口座名:東京都済生会中央病院附属乳児院(トウキョウトサイセイカイチュウオウビョウインフゾクニュウジイン)

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter