当院について

院長メッセージ 院長メッセージ

 済生会は明治44年に明治天皇の済生勅語(貧しくて医療を受けられない人たちにも医療、福祉の手を差し伸べるようにというお言葉)に基づいて創設されました。済生会には現在、全国に82の病院がありますが、当院はその中でも2番目に古く、大正4年に本部直営の「済生会芝病院」として開院しました。戦後の済生会の組織改革により昭和25年に現在の「東京都済生会中央病院」に改称しています。

 

 現在の当院の医療には3つの大きな柱があります。一つは主に急性期医療を提供する総合病院であることです。特にさまざまな専門領域の「総合力、チーム力、機動力」を生かした高度急性期医療、救急医療の提供を得意としています。

 

 2つ目はこの地で100年以上、地域医療の中核を担ってきた病院であることです。開院以来、地域に根ざした保健、医療、福祉の向上に取り組んできました。これからも地域の皆さんから信頼され、愛される病院であることが私たちの願いです。そこで、その願いの気持ちを込めて、患者さんや地域の皆さんに向けた当院の「3つの約束」を作成しています(下記参照)。

 

 3つ目は済生会設立の趣意である「済生の精神」を大切にして、社会に貢献できる病院であることです。済生会は社会福祉法人ですが、当院もその病院の一つとして、無料低額診療の提供、乳児院や介護福祉施設の運営などに取り組んでいます。

 

 当院は平成27年に開院100周年を迎え、その記念事業として計画された新病棟は平成29年にオープンしました。日本も令和という新しい時代に入りましたが、私たちも100年の歴史を超え、新しい時代の医療を提供する時であると考えています。いつの時代にも頼りになる病院と言っていただけるように、さらに質とサービスの向上に取り組んで参りますので、今後も済生会中央病院をよろしくお願い申し上げます。

3つの約束 3つの約束

3つの約束について 3つの約束について

私たちは、まず第一に高度急性期医療機関として、一日も早い患者さんの回復を願い、治療とケアに専念しています。

 しかし、それだけではなく、治療前から患者さんの治療後の生活を見据えて、周囲の方々(家族、友人、介護・福祉関係、かかりつけ医師)とも連携をとり、治療後(入院患者さんでは退院後)の生活の場へしっかりとつないでいくことを、お約束します。

また、患者さんご自身や、周囲の方々からのご意見を大切にし、当院で治療を受けて良かったと、心から満足していただけるように、誠心誠意まごころを込めて、医療サービスを提供する努力を続けます。

 そして、地域の皆さまと共に、この地で歩むことができた現在に感謝し、今後もこの地でのつながりを通して、地域に貢献できる病院であることをめざします。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter