放射線治療科

当科の取り組みと特徴 当科の取り組みと特徴

  • ガイドラインや最新の知見(エビデンス)をふまえながら、各患者さんの状態に最適な放射線治療を実施します。
  • 放射線のビームを病巣に集中させ周囲正常組織への影響を減らす、高精度放射線治療を積極的に実施しています。
  • 地域の中核的総合病院であることを活かし、各診療科と協力して基礎疾患を有するがん患者さんにも適切な放射線治療を実施します。
  • 生活の質(QOL)に配慮した緩和的放射線治療にも積極的に取組んでいます。

・当院は日本放射線腫瘍学会の認定施設です。

外部放射線治療装置(リニアック) 外部放射線治療装置(リニアック)

当院の放射線治療システム
・バリアンメディカルシステムズ True Beam
・ユーロメディテック社 光学的照合装置 AlignRT
・島津製作所 動体追跡システム SyncTraX FX4

バリアンメディカルシステムズ製の高精度治療対応リニアックTrue Beamが導入されています。本装置の特徴は、病巣周囲の正常組織への影響を最小限にしながら病巣形状に適した照射を行うVMAT(回転型強度変調放射線治療)が可能であること、治療前に寝台に寝た状態でⅩ線・CT画像を取得し、照射位置ずれを最小限に補正して照射を行うIGRT(画像誘導放射線治療)システムが搭載されていることです。

光学的照合装置(AlignRT):高解像度カメラを使用して被ばくも侵襲もなく患者皮膚表面を追尾し、正確な位置合わせ(体表面誘導放射線治療:SGRT)ができます。

動体追跡システム(SyncTraX FX4):呼吸などにより動く肺がんや肝臓がんに対して正確に放射線を照射することを可能とする装置です。あらかじめ腫瘍近傍に留置した金マーカーを4式のX線透視装置で捉え、腫瘍と一緒に動く金マーカーが所定の位置にある間だけ放射線を照射させることで腫瘍にのみ放射線を集中させ、正常な組織への不要な被ばくを低減させることを可能となります。

強度変調回転照射 (VMAT) 強度変調回転照射 (VMAT)

強度変調放射線治療(IMRT)とは、コンピュータの助けを駆使して正常組織の照射線量を抑えつつ腫瘍部分に放射線を集中して照射できる画期的な照射技術です。これによって、従来法では不可能であった理想的な放射線治療が可能となり、腫瘍制御率の向上や合併症の軽減が期待されています。

現在では、IMRTの進化型で、IMRTに回転原体照射の技術を加えた強度変調回転照射法(VMAT)が主流となっています。周囲正常臓器への影響を抑え、治療時間の大幅な短縮が可能となりました。当院では原則的にVMATを行っており、精密に作成された放射線治療計画を正確に効率的に実行しています。

 

現在IMRTの保険の適応は、「限局性固形悪性腫瘍」です。このため多くの種類のがんがIMRTの対象となります。当院では、従来の照射法と比べてIMRTの有用性が高いと考えられる場合、積極的に実施しています(IMRTがすべての症例に適するわけではありません)。

前立腺がんのVMAT

頭頚部がんのVMAT

定位放射線治療(ピンポイント照射) 定位放射線治療(ピンポイント照射)

通常の外部放射線治療よりも高い精度で位置決めを行い、放射線を病変の形状に正確に一致させて3次元的に集中照射する放射線治療です。周辺の正常組織の被曝を減らしながら病変に高い線量を照射することが可能になります。

定位放射線治療は転移性脳腫瘍その他の頭蓋内悪性腫瘍、聴神経腫瘍などの良性腫瘍、肺、肝など体幹部腫瘍にも適用が拡がっています。

基本的にはあまり大きな腫瘍や多発する腫瘍には向かず、3~4cm程度以内の大きさの病変に優れた治療効果を発揮します。

当院では主に下記の疾患に対して定位放射線治療を行っています。

  • 転移性脳腫瘍などの頭蓋内腫瘍
  • 直径が5cm以内で、かつ転移のない原発性肺がん、原発性肝がん
  • 3個以内で他病巣のない転移性肺がんまたは転移性肝がん
  • 転移病巣のない限局性の前立腺がん
  • 直径5cm以下の転移性脊椎腫瘍
  • 5個以内のオリゴ転移

原発性肺がんの定位放射線治療。動体追跡システムを併用して4回の通院で治療を完遂しました。

脳転移に対する金属フレームレスの定位放射線治療

多発性脳転移に対して短時間で効率的に線量集中性の高い定位放射線治療を行うことができます。当院のシステムでは頑丈なプラスチックのお面で頭部固定するので、金属フレームの頭蓋骨への固定が不要です。ガンマナイフなどと同等の高精度の定位放射線治療が可能です。

図:当院で使用するプラスチック製固定具
Qfix社資料より転載

脳転移の定位放射線治療

動体追跡システム 動体追跡システム

定位的放射線治療では、5㎝以下の小さな病巣に対してピンポイント的に高線量を集中照射します。治療は1回から数回で終了します。肺や肝臓などにできた呼吸移動する腫瘍に定位照射する場合、従来は数十秒間の息止めが必要でした。当院に導入した島津製作所のSyncTraX FX4は、動体追跡システムに特化した装置になります。腫瘍近傍に留置した金属マーカーを目印に追跡して、腫瘍に正確に照射します。これにより、照射範囲を小さくでき、副作用のリスクが減ると期待できます。

腫瘍近傍に埋め込んだ金マーカーを2方向からのX線透視画像上でモニタリングし、治療ビームの照射タイミングをコントロールします。

体表面位置照合システム 体表面位置照合システム

ユーロメディテック社の光学的照合装置AlignRTは、最新光学システムと高解像度カメラで患者さんの体表面をモニタリングすることで、位置合わせを0.1mm単位の精度で実施できます。光を使った位置合わせなので、被曝がありません。毎回の治療時の体位を正確に再現できるので、皮膚の線も目立たない最小限のものとなります。照射中もリアルタイムに動きを監視し、許容誤差を超えた動きを検知した場合には自動的に照射が一時停止されます。

当院では、まず乳がん術後の放射線治療から体表面位置照合システムを開始しました。とくに、左側乳房では息止めなどの呼吸調整により心臓や肺への被ばくを低下させることが実現できています。

また、従来は位置合わせの目印として、皮膚にマジックで多数のマークを描くことが必要でした。特に汗ばむ季節など、マジックの色が下着についてしまうこともありました。本システムの導入により、これを最小限に減らすことができます。

緩和的放射線治療 緩和的放射線治療

緩和的放射線治療

痛みや苦痛をやわらげ、生活の質(QOL)を改善することを目的とした放射線治療です。

 

骨転移による痛み、腫瘍の脊髄や神経を圧迫による麻痺や痛み、出血、狭窄、通過障害などに有効です。

今後起こりうる症状にも対応する場合があります。

 

患者さん、主治医、緩和ケアチームと相談しながら最適な治療を検討します。

患者さんの全身状態や予後、希望などをもとに、お一人お一人に最適と考えられる放射線治療を実施します。

以前放射線治療したのと同じ部位に再照射することも積極的に検討します。

セカンドオピニオンのご案内 セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンのご案内

放射線治療専門医は、幅広い種類のがんの診療をおこなう、がん治療の専門家です。

 

各種ガイドラインや最新の知見に基づきながら、患者さんが最適な治療を選択するお手伝いをします。

 

生活の質に配慮し、ライフスタイルに最適ながん治療を選択するお手伝いをします。

 

経験豊富な放射線治療専門医が対応します。主治医からの紹介状など「相談に必要な資料」が必要です。

看護師による治療支援 看護師による治療支援

放射線皮膚炎看護外来(2023年4月開設)

治療中の放射線皮膚炎に関する、看護師による相談外来です。

※原則として、放射線治療科医師の指示により予約をお取りします。

 

【外来概要】

乳がん術後照射では、乳房や胸壁など皮膚に近い部位に放射線があたります。治療回数が進むと治療範囲に赤み・かゆみなどの皮膚炎が起こりますが、擦れなどの刺激で症状が強くなる場合があります。できるだけ症状を悪化させずに治療を続けていただくための相談窓口です。症状悪化を防ぐケア方法のご紹介や相談への対応、日常生活上の注意事項のご提案を致します。

 

【ご利用のタイミング例】

・放射線治療開始時のすべての方

・放射線皮膚炎の症状が気になりはじめた、または症状が強くなってきた時など、ご希望や症状に応じて利用可

 

【外来概要】

・外来担当者:放射線治療科外来看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、がん看護専門看護師 

・外来開設日:月曜日~金曜日(祝日を除く)、9:00~17:00の間で応相談

 

放射線治療における看護支援

医師の診察の後、放射線治療の準備や治療の流れについてご説明します。

その他、診察で確認し忘れたこと、気がかりなことを伺って、看護師から補足説明をしたり、ご希望に応じ医師からもう一度説明が受けられるように調整いたします。

副作用対策や、治療中の日常生活の調整などのご相談にも対応しています。

お気軽にお声かけください。

※ご相談内容により、専門的な相談窓口のご利用を提案することがあります。

 

 

今日よりも良い治療を目指す 今日よりも良い治療を目指す

「がんに強く、患者さんに優しい」をモットーに、最先端テクノロジーを駆使した高精度放射線治療を患者さんごとに最適な形で提供します。高度な技術を支えているのは、医学物理士、治療専任技師らであり、充実したスタッフにより放射線治療そのものの品質が保証・管理されています。それに加えて、専従看護師、がん専門看護師が医師・技師をサポートして患者さんと丁寧に対話するよう心がけています。「総合力とチーム力」で、今日よりも良い放射線治療を、より多くの患者さんにお届けできるよう常に心がけています。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter