放射線治療科

当科の取り組みと特徴 当科の取り組みと特徴

2020年3月から、放射線治療専門医2名(男女各1名)の新体制となりました。

「患者にやさしく、病気には強い放射線治療」をモットーに、質の高い放射線治療を丁寧に提供してまいります。

 

ガイドラインや最新の知見(エビデンス)をふまえながら、各患者さんの状態に最適な放射線治療を実施します。

 

放射線のビームを病巣に集中させ周囲正常組織への影響を減らす、高精度放射線治療を実施しています。

 

地域の中核的総合病院であることを活かし、各診療科と協力して基礎疾患を有するがん患者さんにも適切な放射線治療を実施します。

 

生活の質(QOL)に配慮した緩和的放射線治療にも積極的に取組んでいます。

 

当院は日本放射線腫瘍学会の認定施設です。

強度変調放射線治療 (IMRT) 強度変調放射線治療 (IMRT)

強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy: IMRT)とは、コンピュータの助けを借りて正常組織の照射線量を抑えつつ腫瘍部分に放射線を集中して照射できる画期的な照射技術です。これによって、従来法では不可能であった理想的な放射線治療が可能となり、腫瘍制御率の向上や合併症の軽減が期待されています。

強度変調放射線治療には毎回の位置決めなどに高い精度が必要です。精度が低いと、本来照射すべき標的に十分な線量を照射できなかったり、本来避けるべき臓器に高い線量が照射されてしまうことがあるからです。身体が動かないように型のようなもので固定したりすることもあります。前立腺など、体幹部の腫瘍に対する強度変調放射線治療では、治療の際にリニアックに備え付けの装置でX線撮影やCT撮影を行い、画像により位置を確認して行っています。そのために一回一回の治療に通常の治療よりも時間がかかります。

 

また、治療開始前に、3次元治療計画装置を用いて何度も線量計算を繰り返し、最適の治療法を探ります。また、複雑な照射法になるために実際に照射を始める前にコンピューター上の形成通りに正しく照射されるかを個別に検証する必要があります。そのため治療計画CTの撮影から治療開始までに通常の放射線外照射より長い準備期間(通常1週間程度)を必要とします。

 

現在IMRTの公的医療保険の適応は、「限局性固形悪性腫瘍」です。このため多くの種類のがんがIMRTの対象となります。

 当院では、従来の照射法と比べてIMRTの有用性が高いと考えられる場合、積極的に実施しています(IMRTが全ての症例に適するわけではありません)。当院でIMRTを実施しているのは 、前立腺がん、脳腫瘍、頭頸部腫瘍(のどや鼻、くびのがん)、食道がん、縦隔腫瘍、肺がん、膵臓がん、乳がん(領域リンパ節照射症例)、子宮がん、直腸がん、肛門管がんなどです。

ピンポイント照射 (定位放射線治療) ピンポイント照射 (定位放射線治療)

通常の外照射よりも高い精度で位置決めを行い、放射線を病変の形状に正確に一致させて3次元的に集中照射する放射線治療です。周辺の正常組織の被曝を減らしながら病変に高い線量を照射することが可能になります。

定位照射は転移性脳腫瘍その他の頭蓋内悪性腫瘍、聴神経腫瘍などの良性腫瘍、肺、肝など体幹部腫瘍にも適用が拡がっています。

基本的にはあまり大きな腫瘍や多発する腫瘍には向かず、3~4cm程度以内の大きさの病変に優れた治療効果を発揮します。

当院では主に下記の疾患に対して定位照射を行っています。

  • 転移性脳腫瘍などの頭蓋内腫瘍
  • 原発性肺癌、転移性肺腫瘍

乳癌術後照射 乳癌術後照射

乳がん術後照射(寡分割照射、深吸気息止め照射、IMRTなど)

寡分割照射:通常の放射線治療回数(25回)よりも少ない回数(16回)なので、短期間で終了します。1回あたりの放射線量は少し強くなります。部分切除後で、臨床上適応がある場合は選択可能です。

深吸気息止め照射:左側乳がんの部分切除術後では、心臓への放射線の影響を減らす「深吸気息止照射」を実施しています。

左乳がんの部分切除術後の線量分布図です。放射線の照射される範囲と強さが色分けされています。aの通常照射に比べて、bの深吸気息止め照射では心臓への照射を少なくすることができます。

  • a.通常照射

  • b.深吸気息止め照射

 

IMRT: 所属リンパ節領域(腋窩や鎖骨上窩、傍胸骨領域)への照射が必要な場合には、IMRTを実施することがあります。

右乳がん全摘術後の胸壁・領域リンパ節照射のIMRT治療計画の線量分布図です。aの通常照射に比べて、bのIMRTでは肺野の線量を減らし、胸壁とリンパ節領域に十分で均一な放射線を照射することが可能です。

  • a.通常照射

  • b.IMRT

緩和的放射線治療 緩和的放射線治療

緩和的放射線治療

痛みや苦痛をやわらげ、生活の質(QOL)を改善することを目的とした放射線治療です。

 

骨転移による痛み、腫瘍の脊髄や神経を圧迫による麻痺や痛み、出血、狭窄、通過障害などに有効です。

 

今後起こりうる症状にも対応する場合があります。

 

患者さん、主治医、緩和ケアチームと相談しながら、最適な時期に放射線治療を実施します。

 

症状や状態にあわせて最適な治療回数を決定します。1回から20数回と幅広い選択が可能です。

 

以前放射線治療したのと同じ部位に再照射することも積極的に検討します。

セカンドオピニオンのご案内 セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンのご案内

放射線治療専門医は、幅広い種類のがんの診療をおこなう、がん治療の専門家です。

 

各種ガイドラインや最新の知見に基づきながら、患者さんが最適な治療を選択するお手伝いをします。

 

生活の質に配慮し、ライフスタイルに最適ながん治療を選択するお手伝いをします。

 

経験豊富な放射線治療専門医が対応します。主治医からの紹介状など「相談に必要な資料」が必要です。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter