脳神経外科

患者さんのために心をこめた診療を目指して

当院の脳神経外科は、日本脳神経外科学会の専門医研修プログラム認定施設、日本脳卒中学会の脳卒中急性期医療機関に指定されており、常勤医3名(脳神経外科専門医2名、医員1名)で日々の診療を行っております。

脳卒中・脳血管障害

当科で扱う疾患には、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血などの脳卒中・脳血管障害があります。平成18年6月に開設された脳卒中センターにおいて、手術を含めた急性期治療から術後のリハビリまで行っています。くも膜下出血は原因である脳動脈瘤の再破裂を防ぐために緊急で手術を行う必要があり、脳神経外科では開頭クリッピングを、脳血管内治療科では脳血管内手術(コイル塞栓)を行っています。脳梗塞は発症4.5時間以内の急性期治療としてt-PAを用いた血栓溶解療法を平日は毎日、夜間・休日も脳卒中専門医による当直体制のもと実施しています(火曜から金曜まで連日、日曜は月3回)。脳梗塞の患者さんの治療は神経内科、脳血管内治療科が担当しています。脳出血は血腫の部位や大きさによって血腫除去の手術を行うかどうかの治療方法が異なります。治療方針については神経内科とのカンファレンスによって決めています。血腫除去が必要な場合は脳神経外科で治療します。平成24年12月に開設された救命救急センターには、重症のくも膜下出血や重症脳出血の患者さんが日々入院してきます。救急診療科と協力して365日休むことなく治療に専念しています。脳卒中ではありませんが、脳ドックなどでMR I検査を受けた結果、偶然に見つかった未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形、血管腫などについても診療しています。脳動脈瘤については、くも膜下出血を引き起こす原因であるため、動脈瘤の大きさが5mm以上の場合や動脈瘤が不整形である場合は、厳重な血圧管理や喫煙の方は禁煙をしていただいた上で、破裂を防ぐために開頭クリッピング術は脳神経外科で、コイル塞栓術は脳血管内治療科で行っております。

脳腫瘍

脳腫瘍については、原発性脳腫瘍や転移性脳腫瘍などで入院や手術が必要な患者さんの治療を行っています。術中の迅速病理検査では、摘出腫瘍の病理診断や断端部診断など行って成績を上げています。神経膠腫と呼ばれる悪性腫瘍や転移性脳腫瘍の場合には、摘出後に放射線治療や化学療法を併用しています。放射線治療は通常のリニアックの他に、強度変調放射線治療(IMRT)を用いて腫瘍部分に集中的に照射しています。また、連携施設ではガンマナイフも可能となっております。良性腫瘍である髄膜腫は小さくて症状がない場合には外来で経過観察しますが、3-4cm以上の大きさで頭痛や手足のしびれや麻痺など症状を認めた症例には手術が必要となります。腫瘍摘出時の出血をできるだけ減らすために、術前に腫瘍の栄養血管を塞栓した後、安全に摘出するよう心がけています。

頭部外傷

交通事故や転倒・転落などによる頭部外傷については、通常の外来や救急外来を受診していただき、頭部CT検査を行います。急性硬膜外血腫や急性硬膜下血腫、外傷性脳出血で大きな血腫の場合には手術が必要です。脳挫傷や外傷性くも膜下出血の患者さんは止血剤や脳圧降下剤の点滴により保存的治療を行います。高齢者では、軽い頭部打撲でも1-2か月後に記憶力低下や歩行障害などが現れ、慢性硬膜下血腫と診断された場合、穿頭血腫ドレナージ術が必要です。脳神経外科では、当直日以外にも平日22時まで(火曜から木曜、1および3週は金曜まで)救急外来の残り番をしています。
また、高齢者で外傷とは無関係に記憶力低下、歩行障害、尿失禁が現れる正常圧水頭症に対してはV-P(脳室-腹腔)シャント、L-P(腰椎-腹腔)シャント手術も行っております。その他、さまざまな脳神経疾患を診療しています。
脳卒中や頭部外傷などの疾患の大部分が、緊急の処置や治療が必要となるため、救命救急センターとも連携して迅速に診療しています。

脳神経外科のモットー

脳神経外科では、『患者さんのために心を込めた診療』をモットーに、
1)患者さんのために安全で確実な手術を行っています。
2)脳卒中センターの一員としてチーム医療を行っています。
3)救命救急センターと連携し、24時間体制の脳神経外科救急に力を注いでいます。

一般の外来や救急に加え開業医の先生方と地域連携医療体制を密に取らせていただき、ご気軽に、ご相談いただけるように心がけております。また、周囲には大学病院もあるため、より最先端の治療をご希望される患者さんには、セカンドオピニオンを積極的にお勧めしています。

 

検査設備

・3.0テスラMRI(1台)
・1.5テスラMRI(2台)
・ヘリカルCT(3台)
・脳血管撮影装置(シーメンス)
・核医学検査(SPECT)
・頸動脈エコー

手術設備

・高性能手術用顕微鏡(カールツァイス)
・手術用ナビゲーション装置(メドトロニック)
・神経内視鏡装置(カールストルツ)
・術中モニター(MEP,SEP)
・CT定位脳手術装置(駒井式)
・超音波吸引器

 

写真は、くも膜下出血で来院した患者さんの脳動脈瘤クリッピング術中の顕微鏡画像です。

 

①脳動脈瘤の頚部を慎重に剥離しています

②動脈瘤にチタン製のクリップをかけて、血液の流入を遮断したところ

③クリップ周囲の血管の閉塞がないことをインドシアニングリーン(ICG)と呼ばれる蛍光色素を注射して蛍光血管撮影を行って確認しています

④手術風景(手術用顕微鏡下)

⑤手術風景(右は部長の淺田医師、左は医長の寺尾医師)

脳神経外科 手術件数

2018年
(1-12月)
脳腫瘍
開頭摘出 18
内視鏡摘出 2
定位手術 6
下垂体腫瘍(内視鏡) 5
脳血管障害 脳動脈瘤クリッピング 12
脳血管バイパス 1
頚動脈内膜剥離 4
高血圧性脳出血 開頭血腫除去 25
内視鏡下血腫除去 6
外 傷
急性硬膜外血腫 3
急性硬膜下血腫 8
減圧開頭 2
慢性硬膜下血腫 52
水頭症(V-Pシャント、L-Pシャント) 33
その他 25
合計 202

モバイル端末を利用した新たな医療情報システムについて

当院は良質な医療を実践すべく、モバイル端末を利用した最新の医療情報技術を取り入れ、きめ細かな医療サービスを提供してまいります。
詳しくは、担当医にお尋ね下さい。
患者さんやご家族の皆さんには、ご協力とご理解を承れますようお願い申し上げます。

こちらをご覧ください

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について

2015年4月 東京都済生会中央病院 脳神経外科

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

1.NCDに登録する情報の内容

2015年1月1日以降、当科で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)を登録します。NCDに患者さんのお名前を登録することはなく、氏名とは関係のないIDを用いて登録します。IDと患者さんを結びつける対応表は当科で厳重に管理し、NCDには提供しません。

2.登録する情報の管理・結果の公表

登録する情報は、それ自体で患者さん個⼈を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。
当科及びNCDでは登録する情報の管理にあたって、情報の取り扱いや安全管理に関する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。
データの公表にあたっては、NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどなたのものであるか特定されることはありません。

3.登録の拒否や登録情報の確認

データを登録されたくない場合は、登録を拒否して頂くことができます。当科のスタッフにお伝えください。
また、登録されたご自身のデータの閲覧や削除を希望される場合も、当科のスタッフにお知らせください。なお、登録を拒否されたり、閲覧・修正を希望されたりすることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

4.NCD担当者の訪問による登録データ確認への協力

当科からNCDへ登録した情報が正しいかどうかを確認するため、NCDの担当者が患者さんのカルテや診療記録を閲覧することがあります。
当科がこの調査に協力する際は、NCDの担当者と守秘義務に関する取り決めを結び、患者さんとIDの対応表や氏名など患者さんを特定する情報を院外へ持ち出したり、口外したりすることは禁じます。
本事業への参加に関してご質問がある場合は、当科のスタッフにお伝えください。また、より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)ホームページ

学術的業績

平成24年度の業績をお示しします

脳外研究業績