婦人科

腹腔鏡下手術について 腹腔鏡下手術について

お腹の中に腹腔鏡というカメラ(内視鏡)と細長い鉗子を挿入し、カメラに写った画像を見ながら手術を行う手術方法です。カメラや鉗子を入れる小さな傷がお腹に数箇所つきますが、大きな傷は基本的にはつきません。当科では、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症などの疾患は、ほぼ全症例に対し腹腔鏡手術を行っております。入院日数は1週間程度です。

子宮筋腫

子宮筋腫に対しましては、筋腫のみを摘出して子宮を温存する手術(腹腔鏡下子宮筋腫核出術、腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術)と筋腫を子宮ごと摘出する手術(腹腔鏡下子宮全摘術)があります。卵巣嚢腫についても、卵巣嚢腫のみを摘出して患側(病気になった側)の卵巣のよい部分を温存する手術(卵巣嚢腫摘出術)と、卵巣・卵管ごと摘出する手術(付属器切除術)があります。

子宮内膜症

子宮内膜症は子宮の内腔を覆っている子宮内膜と類似した組織が、身体の別の場所に生着して増殖する疾患です。一般に月経痛がつよい女性に多いとされており、重症化すると月経時以外でも腹痛を生じるようになったり、将来的には不妊症の原因にもなると言われています。この疾患はおもに子宮や卵巣の周囲やダグラス窩という腹膜の底に癒着病変をつくることが多いとされています。子宮の背側は開腹手術では非常に見えづらい部位ですが、腹腔鏡下では子宮の背側をカメラで大きく描出でき、非常に細かい部分も拡大してみることができます。子宮内膜症はまさに腹腔鏡手術のメリットを活かした治療を行うことができる疾患です。

骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下手術については、後述の骨盤臓器脱手術についての項を御覧ください。

 

初期がんに対しても腹腔鏡下手術を取り入れております。後述の悪性腫瘍に対する手術についての項をご覧ください。

子宮鏡下手術について 子宮鏡下手術について

子宮鏡という細いカメラを子宮口から挿入し、子宮内膜面にできた病変(子宮粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープ)を切除する手術です。腟からアプローチするためお腹に傷はできません。入院日数も3日間ほどです。事前に子宮鏡検査を施行して適応となるか(子宮鏡下手術で取り除けるか)を判断しています。粘膜下筋腫のサイズなどによっては適応外の場合もありますので、事前に担当医とよくご相談ください。当科では、子宮鏡下手術件数も増えております。

骨盤臓器脱手術について 骨盤臓器脱手術について

骨盤臓器脱とは、女性の骨盤底にある臓器、子宮、膀胱、直腸などが下垂して腟外(身体の外)へ脱出する疾患です。それぞれ子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、腟断端脱などという疾患の総称です。骨盤臓器脱に対する治療法は手術治療が中心です。手術方法は、実にさまざまありますが、ここ10年ではメッシュという人工のシートを使う手術(経腟メッシュ挿入術(TVM)や腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC))が話題となってきました。一方、メッシュを使用しない手術(NTR:腟式子宮全摘、腟壁形成、膣閉鎖、仙棘靭帯固定など)も患者さんの状態によっては有用です。当科では、これらのさまざまな手術方法から、患者さんの年齢やライフスタイルにあわせて手術方法を選択して実施しています。

悪性腫瘍に対する治療 悪性腫瘍に対する治療

子宮頚部異形成

子宮頚部組織診とHPV(ヒトパピローマウイルス)の検査とあわせて検討し、子宮頚部蒸散術や子宮頚部円錐切除術を行っております。

子宮頚部上皮内癌(0期の子宮頚癌)

子宮頚部円錐切除術(子宮を温存する手術)または子宮全摘術を行います。腹腔鏡下子宮全摘術も施行しております(健康保険外対応の適応となります)。

初期子宮体がん(1b期まで)

腹腔鏡下根治手術(子宮全摘、両側付属器切除、リンパ節郭清)を取り入れております(健康保険外の適応となります)。

上記以外の子宮頚癌、子宮体がん、または卵巣がんにつきましても、状態に応じて、手術治療、放射線治療、化学療法、合併症管理、緩和医療を、関連各科と連携して提供しております。

  • 電話番号

    03-3451-8211(代表)

  • 初診受付時間

    8:00-11:30

メニュートップに戻る

入院・面会のご案内

Patient & Family Support

かかりつけ医
・歯科医
をお探しの方へ

Find a Docter