人間ドック

人間ドックのご案内

平成20年5月に新外来棟が完成し、新しく”東京都済生会中央病院総合健診センター”としてリニューアルオープンしました。これまでのドックやオプションのメニューも更に充実した内容にリニューアルし、ハイクオリテイーな受診環境でご利用者皆様の健康づくりをサポートさせていただければ幸いです。皆様からの多くのご利用をスタッフ一同心よりお待ちしております。

総合健診センターの理念・基本方針・受診者の権利

【理  念】

「済生の精神」に基づいた思いやりのある保健・医療・福祉サービスの提供を通じて社会に貢献します。
(「済生の精神」とは、分け隔てなくあらゆる人々に医療・福祉の手を差しのべることです)

【基本方針】

1.専門医による質の高い、信頼のおけるドックを提供いたします。
2.疾病の予防、早期発見、迅速な精査・治療まで、一貫した健康管理の支援をさせて頂きます。
3.くつろぎの環境と上級のホスピタリティーで受診して頂きます。

【受診者の権利】

当センターでは受診者様の以下の権利を尊重します。

1.良質な健診を受ける権利があります。
2.ご自身の健診に関する情報を知り、十分な説明を受ける権利があります。
3.ご自身の受ける健診について、自ら選択できる権利があります。
4.健診に関する個人情報について保護される権利があります。

当院人間ドックの特徴

  • 第一線の専門医がそれぞれの検査の診断を担当し、それを総合健診センター診断医が総合判定。
  • 異常の確認後は院内の専門的治療へのスムーズな連携。
  • ユニークな代謝・動脈硬化系検査項目
  • 糖代謝異常の検査に重要なインスリンを含む詳細なブドウ糖負荷試験がメタボリックドックに入っています。
  • ブドウ糖負荷試験がない1日ドックでは空腹時インスリン抵抗性の検査・食後血糖検査が入っています。
  • メタボリックドックで内臓脂肪測定を含むCT・頸動脈超音波、メタボリックドックと1日ドックに脈派検査が入っています。
  • 女性特有の病気について内容が特に充実しています。
    (経膣超音波・子宮頸ガン健診・乳腺マンモグラフィー・乳腺エコーなど)
  • ガンのチェックは通常の項目に加えて、被曝量の少ない胸部CTスキャンの肺ガンチェックをメタボリックドック、1日ドック、土曜半日ドックに入れました。1日ドックと土曜半日ドックの胃の検査は、内視鏡かレントゲンかを選択いただきます。

日本人間ドック学会の認定施設に認定されました!

東京都済生会中央病院総合健診センターはこの度、日本人間ドック学会の施設認定の審査を受審し、平成27年7月25日付にて正式に認定が承認されました。
日本人間ドック学会は、人間ドック認定医・専門医養成事業や人間ドック健診施設機能評価事業等の活動を行っております。施設機能評価事業に関しては、平成16年9月1日より開始され、人間ドック健診施設の質の向上、改善活動を促進し、受診される方が安心して健診を受けられることを目的としております。
当学会の施設認定により、今まで以上に皆様が安心して受診していただけるよう、健診の質及び環境の向上にスタッフ一同、より一層努力してまいります。

人間ドックメニューのご紹介

※外国の方はコース内容及び料金が別となります。詳細は担当までおたずねください。

PDFファイルを閲覧するにはソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、右のアイコンからダウンロードしてください。

Adobe Reader

それぞれの特徴を下記に記載しました。ご希望のコースをお選びください。

メタボリックドック

今社会的に問題になっているメタボリックシンドロームを、より正確に診断、今後の動脈硬化や生活習慣病の予防にお役に立てると思います。以前は2日間で行っていたドック(従来の2日ドック)をお忙しい方々のご要望にお答えし、1日でインスリンの測定を行う詳細なブドウ糖負荷試験(糖尿病の検査)を含めた代謝系の検査と、さらにメタボリックシンドロームに関する検査(内臓脂肪測定を含む腹部CT)・動脈硬化のチェックに頚動脈超音波・血管年齢を推定する脈派検査・肺ガンのチェックに胸部CTを追加し充実させました。もちろん、胃内視鏡検査、上腹部超音波、女性のガンのチェック、男性は前立腺や消化器系のガンマーカーチェックなどは入っています。結果説明も当日の午後出ているものについては行います(最終結果は郵送)。従来の2日ドックにお入りだった方にお勧めします。

メタボリックドックは糖尿病かどうかの検査(ブドウ糖負荷試験)が含まれております。 糖尿病薬を内服あるいはインスリン注射療法を受けている方、それ以外でも空腹時血糖が130mg/dl以上の方はブドウ糖負荷試験を受けられませんので必ず御相談下さい。

1日ドック

1日で行う有効で質の高いドックです。胃の検査は内視鏡かレントゲンかを選んで頂きます。当日かなりの結果について説明があります(最終結果は郵送)。胸部CTを行うことにより、肺ガンのチェックが充実したのと、女性は経膣超音波検査も加わりました。

クイックドック

1日ドックの内容をコンパクトにし、短時間で行います。結果はご郵送し、結果説明はありません。説明をご希望の方は1日ドックをお勧めします。

脳ドック

脳卒中(脳血管障害)や脳動脈瘤の有無を中心とした検診を行います。頭部MRと頸動脈超音波に加え、採血・眼底・心電図などもチェックいたします。結果は後日説明させていただきます。その際、医師の判断で必要であれば神経学的検査を実施することもございます。(最終結果は郵送)

日本脳ドック学会の認定施設に認定

認定証

この度、東京都済生会中央病院総合健診センターは、日本脳ドック学会の施設認定の審査を受審し、当学会施設認定委員会における審査の結果、平成23年4月1日付けで認定施設に認定されました。

日本脳ドック学会は、脳ドックに関するあらゆる分野の進歩を図り、相互の知識の交流を行うことを目的として設立された団体であり、この施設認定は、当学会が策定した脳ドックのガイドラインに準拠した検査を実施していること、画像読影医が専門医であること、高性能な検査機器(MRI)を装備していることなどの一定の基準を満たしている施設が認定される制度です。

この施設認定により、脳ドックをご希望される皆様が安心して受診していただける環境の中で、これまで以上に皆様から当健診センターの脳ドックをご利用いただけるよう、スタッフ一同より一層尽力してまいります。

平成23年7月14日
総合健診センター長
加藤 清恵

土曜半日ドック

日頃、平日になかなか時間が取れないご利用者の皆様のご要望にお応えし、土曜半日ドックのサービスをご提供いたします。クイックドックの内容をさらに充実させ、胃の検査はレントゲンか内視鏡、胸部の検査はレントゲンかCTスキャンのいずれかを選択できる土曜限定のドックです。毎月第2・3土曜日でのご案内となります。婦人科及び乳腺関係の診療・検査は別日の平日のご案内となります。

皆様の健康管理のお手伝いをさせていただければ幸いでございます。詳細は健診センターまでお問い合わせ下さい。

プレミアム乳がんドックのご紹介

当ドックがご提供するのはマンモグラフィと乳腺超音波検査を経験豊富な女性技師が施行し、乳がん専門医が総合的に判断する質の高いコースです。
皆さまからのご利用を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

社会福祉法人恩賜財団済生会東京都済生会中央病院 総合健診センター

〒108-0073 東京都港区三田1-4-17

電話 :
03-3451-8014(健診センター直通)
03-3451-8211(代表)
FAX :
03-3452-8120