耳鼻咽喉科

概要

 領域として頭部および頸部で脳と脊髄、眼球を除く領域を担当し、特に感覚器に関わる、聴覚、嗅覚、味覚、バランス感覚、食物を噛んで飲み込む咀嚼・嚥下機能、音声・言語機能が診療範囲となります。このように生活の質の向上のために重要な役割を担う診療科であるとともに頭頸部外科疾患全般においても医療を提供できるよう心がけております。また、各疾患に応じて専属の看護師、臨床検査技師、言語聴覚士と連携したチーム医療も心がけております。

特色

 外科的治療として、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症などを対象とした聴力改善手術、ナビゲーション併用の鼻・副鼻腔疾患および内視鏡頭蓋底手術(EEA)、唾液腺腫瘍・頸部腫瘍に対する低侵襲手術、声帯ポリープや声帯結節などを対象とした音声改善手術、反回神経麻痺に対する甲状軟骨形成術、咽喉頭悪性腫瘍に対しての低侵襲な経口的内視鏡下手術、を行っております。頭頸部がんに対しては、腫瘍内科や緩和ケア科と連携しての化学療法や放射線治療、頸部手術を含めたチーム医療を心がけています。また、日帰り手術として、鼓膜形成術や鼻レーザー焼灼術なども行っています。
 特に難聴などの聴力障害に対して、精密検査から診断・治療、補聴器を含めたリハビリテーションまで一貫した難聴に対するフォローを行っております。

 平成29年度より病棟編成により小児の入院治療が難しくなりました。ご理解の程よろしくお願いいたします。

専門外来

難聴・中耳炎外来、補聴器外来、頭頸部腫瘍外来をそれぞれの専門医が担当しています。(予約制)

対象疾患


  • 外耳炎、外耳道湿疹、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎、好酸球性中耳炎、耳硬化症、鼓室硬化症、耳小骨奇形、副耳、先天性耳瘻孔、耳管狭窄症、耳管開放症、耳鳴症、聴覚過敏、突発性難聴、低音障害型感音難聴、メニエール病、機能性難聴、遺伝性難聴、先天性難聴、聴覚情報処理障害、聴神経腫瘍、聴器腫瘍など


  • アレルギー性鼻炎、鼻中隔湾曲症、慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、鼻茸、肥厚性鼻炎、術後性頬部嚢胞、嗅覚障害、鼻副鼻腔腫瘍、頭蓋底疾患など

  • 咽頭
    扁桃肥大、急性咽頭炎、急性扁桃炎、扁桃周囲炎、習慣性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、など

  • 喉頭
    急性声帯炎、急性喉頭蓋炎、喉頭浮腫、声帯ポリープ、ポリープ様声帯、声帯結節、声帯嚢胞、喉頭蓋嚢胞、喉頭肉芽腫、反回神経麻痺、喉頭白板症、嚥下障害、咽喉頭異常感症など

  • 頭頸部腫瘍
    頭頸部腫瘍、喉頭癌、上・中・下咽頭癌、甲状腺(悪性)腫瘍、鼻副鼻腔(悪性)、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、甲状舌管嚢胞(正中頸嚢胞)など

  • めまい
    メニエール病、外リンパ瘻、前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症など

  • その他
    ベル麻痺(特発性顔面神経麻痺)、ラムゼイ・ハント症候群、睡眠時無呼吸症候群など

検査内容


  • 標準純音聴力検査、語音聴力検査、聴性脳幹反応(ABR)、耳音響放射検査(OAE)、SISIテスト、インピーダンス・オージオメトリー、耳鳴検査、新生児聴覚スクリーニングとその後の精密検査、耳小骨筋反射検査、補聴器適合検査、内耳・内耳道MRI、難聴の遺伝子検査、ENoG(神経電図検査法)、など

  • めまい
    ENG(電気眼振計)検査(指標追跡検査、視運動性眼振検査、注視眼振・自発眼振・頭位眼振の検査、温度眼振検査、瘻孔症状検査など)、前庭性頸筋反応(VEMP)、重心動揺検査、頭部MRI・MRA、など

  • 咽頭・喉頭
    喉頭ファイバースコープ、喉頭ストロボスコープ、超音波検査、CT、MRI、エコーガイド下の穿刺吸引細胞診(cFNA)など


  • RAST(アレルゲン吸着試験)、静脈性嗅覚検査、鼻腔通気度検査など

  • その他
    簡易PSG(睡眠ポリソノグラフ検査)など

手術内容


  • 鼓膜形成術、鼓室形成術、乳突削開術、あぶみ骨手術、外耳道形成術、鼓膜換気チューブ留置術、鼓膜切開術、先天性耳瘻瘻孔摘出術、副耳摘出術など


  • ナビゲーション・内視鏡下副鼻腔根本術、脳外科合同の内視鏡頭蓋底手術(EEA)、鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介骨切除術、下甲介切除術、レーザー鼻粘膜焼灼術など

  • 咽頭・喉頭
    喉頭微細手術(LMS)、経口的内視鏡下手術(TOVS、ELPS)、喉頭摘出術、口蓋扁桃摘出術など

  • 頭頸部腫瘍
    耳下腺切除術、顎下腺摘出術、甲状腺(悪性)腫瘍手術、頚部郭清術、正中頚嚢胞摘出術など