形成外科

形成外科は、生まれつきの体の変形あるいはけがや手術後の変形などを、正常な状態に出来るだけ近づけるよう修復する診療科です。

形成外科で扱う主な疾患は、以下のようなものがありますが、ご不明な点は形成外科外来までお問い合わせください。

形成外科が扱う疾患

  1. 生まれつきの変形

    口唇の変形(口唇裂、口唇裂術後の変形 など)

    まぶたの変形(眼瞼下垂、睫毛内反(逆さまつ毛)など)

    耳の変形(副耳、小耳症、折れ耳、埋没耳、耳垂裂 など)

    手足の変形(合指症、多指症 など)

    へその変形(臍ヘルニア、臍欠損 など)

    あざ(太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、血管腫、色素性母斑 など)

  2. 皮膚、皮下の良性腫瘍(母斑、血管腫、リンパ管腫、脂肪腫など)
  3. 乳癌術後の乳房再建
  4. 顔面外傷、顔面骨骨折
  5. 瘢痕(きずあと、ひきつれ)、ケロイド
  6. 難治性潰瘍(治りにくい傷)、褥瘡(とこずれ)
  7. その他

    眼瞼下垂症、顔面神経麻痺

    腋臭症(わきが)、リンパ浮腫、陥入爪、巻き爪

    毛巣洞、膿皮症、腹壁瘢痕ヘルニア  など

受診の仕方

初診時には予約の必要はありませんが、初診予約も受付ております。 形成外科外来にお電話下さい。

腋臭症の手術が保険で受けられます

腋臭症の手術は次のように行われます。

  1. ワキの皮膚を裏側から見ると毛根(黒い点)と汗の腺(ピンク色の粒)が見えます。

    ワキの皮膚を裏側
  2. これをすべて切除し再び皮膚を縫合します。

    皮膚を縫合
  3. 手術後1年経つと傷痕があまり目立たなくなってきます。

    手術後1年

手術の後、臭いと発毛が著しく減少します。