東京都済生会中央病院ソーシャルメディアポリシー

東京都済生会中央病院ソーシャルメディアポリシーについて

 フェイスブックやツイッター、ブログその他ソーシャルメディアが普及したことに伴い、近年ソーシャルメディアの不適切な利用により大きな問題に直結するケースが散見されます。また、平成30年6月1日より施行された改訂医療法により、ソーシャルネットワークに関連する医療機関の広告規制が始まり、正しい情報の発信が、強く求められるようになりました。当院では、ソーシャルメディアを有効な情報交換ツールと捉え、正しく活用するためのガイドラインとして、当院関係者のソーシャルメディア利用にあたり、ソーシャルメディアポリシーを制定しました。

東京都済生会中央病院ソーシャルメディアポリシー

 東京都済生会中央病院(以下、「当院」という)の職員、業務委託先の職員など当院の業務に関わるすべての者が、ソーシャルメディアを利用し情報発信する場合は、本ポリシーを遵守して行動します。

1.ソーシャルメディアの定義

本ポリシーで対象となるソーシャルメディアは、ブログ、フェイスブック、ソーシャルネットワークサービス(SNS)、ツイッター、電子掲示板、動画共有サイト、クチコミサイト等の、ユーザー自身が情報を発信できる、また、相互に情報をやりとりできるインターネット上のメディアをいいます。

2.自覚と責任

  1. 一定の品位と節度を持った良識ある社会人として、自己の自覚と責任のもとに利用します。
  2. 匿名性は決して保障されないこと、あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、一度発信された情報は完全には消去することが極めて困難であることを意識したうえで、情報発信を行います。
  3. 情報発信には、自己・当院・第三者等の評判を左右させる影響力があることを意識し、誤解を与えないように注意します。

3.誠意ある姿勢

  1. 傾聴の姿勢を忘れず、他者からのメッセージを真摯に受け止める姿勢をもって対応します。
  2. 発信した情報により、他者を傷つけたり誤解を生じさせた場合には、誠実に対応するとともに正しく理解されるよう努め、責任ある行動をとります。
  3. 発信した情報に対して混乱が生じている場合は、静観する姿勢を持ち、感情を害する行為はしません。
  4. 当院に対し不当に中傷するような投稿をみつけた場合は、個人の判断で反論はせず、運用責任者に報告します。
  5. 次に掲げる情報は発信しません。
    • ・不敬な言い方を含む情報
    • ・人種・思想・信条などを差別、または差別を助長させる情報
    • ・違法行為または違法行為を煽る情報
    • ・単なる噂や噂を助長させる情報

4.守秘義務

  1. 守秘義務に従い、業務上知り得た機密情報その他、院外秘情報を公開しません。
  2. 当院の利用者及び職員や関係者の情報に関し許可なく公開しません。
  3. 個人情報漏洩・プライバシー侵害となるような情報は発信しません。

5.院内外の法規・ルールの遵守

  1. 各種法令や当院が定めた規定などを遵守します。
  2. 基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権などに関して十分注意します。

6.ソーシャルメディアポリシーの評価・見直し

本ポリシーは、状況に応じて評価、見直しをします。本ポリシーが改訂された時には、ホームページ上の掲示によって告知します。

7.ソーシャルメディアユーザーの皆様へのご案内

当院の職員並びに当院の業務に従事するすべての者がソーシャルメディアで発信する情報は、必ずしも当院の公式発表・見解を示すものではなく、当院の公式の見解や発表は、当院の公式ホームページにおいて行っています。当院のソーシャルメディアを利用したことなどにより被った損害や、利用に関連して生じたトラブルなどについて、当院がすべて責任を負うものではないことを予めご了承ください。  なお、当院のアカウントに対して、以下のような行為はご遠慮ください。ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合、コメント等を削除させていただく場合があります。

  1. 本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏洩するもの
  2. 当院または第三者の名誉、信用を傷つけたり、誹謗中傷するもの
  3. 当院または第三者の著作権、肖像権、知的財産権を侵害するもの
  4. 法令や公序良俗に反するもの
  5. その他、当院が合理的理由により不適切と判断するもの

以上
2018年9月1日
東京都済生会中央病院 院長