病院沿革

沿革

明治44年2月11日、明治天皇が時の内閣総理大臣桂太郎を召され、「医療を受けられないで困っている人たちが、よい医療を受け、再起の喜びをもてるような施設をつくるように」という趣旨の『済生勅語』と、その基金として御手元金150万円を下賜された。

これを元に伏見宮貞愛親王を総裁とし、桂総理大臣が会長に就任し、5月30日、恩賜財団済生会が創立。

歴代院長

初代院長 北里柴三郎 (大正4年~大正12年7月)
2代院長 大谷彬亮 (大正12年7月~昭和6年12月)
3代院長 秋吉辰三 (昭和6年12月~昭和10年10月)
4代院長 高雄徳龍 (昭和10年10月~昭和24年2月)
5代院長 中山安 (昭和24年2月~昭和25年12月)
6代院長 小山武夫 (昭和25年12月~昭和46年2月)
7代院長
堀内光 (昭和46年2月~昭和60年5月)
8代院長 伊賀六一 (昭和60年5月~平成9年3月)
9代院長 末舛惠一 (平成9年4月~平成18年8月)
10代院長 高木誠 (平成18年9月~ )

済生会 紋章の由来

初代総裁・伏見宮貞愛親王の「撫子の歌」にちなみ、いつの世にもその趣旨を忘れないようにと、撫子の花に露をあしらったものが、大正元年(1912)から済生会の紋章となっています。

済生会の沿革

1911 5月30日、恩賜財団済生会の創立。
1915 12月、本部直営の基幹病院として「恩賜財団済生会芝病院」開設。
1923 9月、関東大震災にあたり、被害を受けた妊産婦と乳幼児の救護のため、芝病院の中にバラック式の応急診療施設を急設し、事業を開始。
(昭和24年3月に「児童福祉施設 済生会乳児院」として認可される)
1950 4月、済生会の改組により、東京都済生会に移管。産院を合併し「東京都済生会中央病院」に改称。同時に大正12年以来の乳児院を附属施設とする
1951 医療法に基づく公的医療機関の指定の申請、8月に公的医療機関の指定を受ける。これにより民間社会事業団体としての出発となる。
1952 前年に社会福祉の基本となる社会福祉事業法が制定されたことに伴い、社会福祉法人となるべく、諸準備を整え、社会福祉法人の許可を受ける。同時に名称を社会福祉法人恩賜財団済生会と定め今日ある済生会の新たな出発となる。
1953 東京都立民生病院の受託経営開始。
1966 昭和41年に創立50周年記念事業として計画された増改築を開始。昭和45年に完成。
1970 近代的な病院として医療面の充実を図り、地域に貢献する高機能病院として体制を整える。乳児院も鉄骨2階建てになる。
1988 9月、港区立特別養護老人ホーム「白金の森」他1施設を受託経営開始。
1990 12月、ICU・CCU・手術室等を充実させた増改築完成。
1991 4月、港区立南麻布高齢者在宅サービスセンターの受託経営開始。
1995 4月、東京都済生会看護専門学校開校。
1996 港区立特別養護老人ホーム「港南の郷」
他3施設を受託経営開始。
1997 2月、平成2年10月開設の訪問看護室が「済生会三田訪問看護ステーション」として生まれ変わる。
2002 4月、東京都立民生病院が廃止され、その機能を継承して中央病院の一部として運営を開始。
2005 旧民生病院(北棟)、食堂・喫茶室、会議室、診療録管理室、コンピューター室を備えた新棟オープン。
2008 旧民生病院跡地に新外来棟をオープン。また、検診センターを総合健診センターとしてリニューアルオープン。