薬剤部

業務内容

薬剤部ではお薬を適正に使用するために様々な業務を行っています。どのような業務を行っているか紹介いたします。

外来・入院処方せん調剤業務

主に入院患者さんの内服薬や外用薬を処方せんに基づき調剤しています。処方内容が適正であるか、薬の量や飲み合わせ、服用方法などをチェックし、疑わしい点があれば医師に問い合わせを行います。また、病棟薬剤師と連携し、有効かつ安全な薬物治療が行われるように取り組んでいます。

調剤1

調剤2

注射薬処方せん調剤業務

内服薬や外用薬の処方せんと同様に入院患者さんに使用される注射薬も処方せんに基づき調剤しています。患者さんの年齢、体重、検査値などを考慮し、処方された薬剤について投与量、投与速度や配合変化などのチェックを行っています。

注射薬調剤

医薬品情報提供業務

適正かつ安全に薬物療法が行われるために必要な医薬品に関する情報を収集・評価し、その膨大な情報をそのままではなく薬剤師が薬学的知見に基づいて焦点を絞り、メディカルスタッフ(医師や看護師など)が理解しやすいように簡潔な情報に加工して院内の関連部署へ提供しています。また、メディカルスタッフや患者さんからの薬剤に関する様々な問い合わせにも対応しています。

医薬品情報

医薬品情報2

医薬品管理・供給業務

院内で使用する医薬品の購入、在庫管理および供給を行っています。当院では医薬品を適正に管理するために医薬品SPD(Supply Processing&Distribution)を導入することにより薬剤師による病棟薬剤業務や薬剤管理指導業務の強化を図っています。

医薬品管理1

医薬品管理2

病棟業務

当院では、一般病棟に薬剤師が業務時間内常駐し、入院患者さんの持参薬確認、服薬指導や内服薬の管理などの業務を薬学的知見に基づいて行っています。薬剤師は、メディカルスタッフと連携を取り、薬物療法が適正であるか投与直前までチェックし、さらに投与後の副作用など有害事象の発現にも留意しています。また、医師へ積極的に処方提案を行い、質の高い医療が提供できるように取り組んでいます。

病棟1

病棟2

抗がん剤(注射薬)の調製業務

外来および入院患者さんに使用される抗がん剤は、薬剤師が患者さんごとの薬歴を作成し、抗がん剤の投与量、投与速度、投与スケジュールなどが適正であることをチェックしてから調製しています。また、調製は安全キャビネットを用いて無菌的かつ調製者の被曝がないように行っています。

抗がん剤1

抗がん剤2

高カロリー輸液の調製業務

食事を取ることが難しい入院患者さんに高カロリー輸液を投与することがあります。高カロリー輸液は混合調製における細菌汚染のリスクが高いため、クリーンベンチ内で薬剤師が無菌的に調製しています。

高カロリー輸液

院内製剤の調製業務

治療上必要な薬でありながら、使用量が少ないまたは長期間品質を保持できないなどの理由により製薬会社が製造、販売していない製剤を医師の依頼のもと調製しています。

院内製剤

TDM

医薬品の中には、治療有効域の狭い薬剤や中毒域と有効域が接近して投与方法や投与量の管理の難しい薬剤があります。例えば、抗MRSA薬であるバンコマイシンなど一部の薬剤は血中濃度解析ソフトを利用して投与量、投与間隔などを評価し、適正な投与設計を薬剤師が医師に提案しています。

TDM

チーム医療

緩和ケアチーム、NST(栄養サポートチーム)、 ICT(感染制御チーム)、褥瘡チーム、RST(呼吸サポートチーム)、せん妄・認知症予防チームやえん下対策チームで多職種協働を図ることにより質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。
また、放射線技術科との協働による放射性医薬品の調製、糖尿病教育入院の講義やCKD教育入院のカンファレンスに参加するなど薬剤師の知識、技術を発揮して積極的にチーム医療に参画しています。

チーム医療1

ICTカンファレンスの様子

チーム医療2

褥瘡チーム打ち合わせ

チーム医療3

NSTの回診の様子

研究発表への対応

臨床研究や、日常業務における疑問点や問題点を検討した結果を済生会学会、その他の学会や雑誌などで積極的に発表・報告しています(「実績」の項目をご参照ください)。

薬学生実務実習の受け入れ

薬学教育の6年制化に伴い、長期間の実務実習が義務付けられました。当院は薬学教育協議会により証された実務実習受入施設であり、近隣大学や病院・薬局実務実習関東地区調整機構から薬学生を受けて入れています。

薬学生受入れ

当院で化学療法を受けられている患者さんへ

治療をより安全に受けていただけるよう、お薬に関する情報を患者さん向け、医療関係者向けに作成しました。よろしければご活用ください。

<がん化学療法を受けられている患者さんとご家族へ>

 

<副作用対策とスキンケアのポイント>

病棟薬剤師のお仕事

当院では、病棟に担当の薬剤師が常駐しています。病棟で薬剤師がどのような業務を行っているか紹介いたします。

pharmacist-1

プレアボイド報告

プレアボイドとは、薬剤師が薬物療法に直接関与し、薬学的患者ケアを実践することで、薬剤による有害事象を未然に防いだり、早期に発見し重篤化を防ぐなどの患者さんの不利益を回避するための活動のことです。
当薬剤部では、薬剤師が積極的に薬物療法に介入してプレアボイド報告を行っており、集積された報告を薬剤部内で共有して、処方提案の標準化およびスキルアップに使用しています。報告件数は月平均93.0件(平成26年4~7月)にものぼります。

当薬剤部は日本病院薬剤会より証されたプレアボイド報告施設です。

プレアボイド

専門・認定薬剤師

当薬剤部では各種専門薬剤師、認定薬剤師などの資格取得を支援しています。

がん薬物療法認定薬剤師 1 人
感染制御認定薬剤師 1 人
糖尿病療養指導士 3 人
NST専門療法士 2 人
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 7 人
日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師 8 人
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 1 人
スポーツファーマシスト 1 人

当薬剤部の各種資格取得人数(平成27年4月1日現在)

実   績

平成29年度

1.学会発表・講演会

(1)清水淳一、吉原正和、有野徹、中田順子ほか:当院における腎機能低下患者に対するメトホルミン
   投与の実態調査, 第55回関東甲信越地方会, 2018.1.

(2)中村仁美、本濵諭、清水淳一:高齢者における酸化マグネシムの適正使用調査, 第11回日本腎臓病
   薬物療法学会, 2017.10.

(3)吉原正和、清水淳一ほか:メトホルミン、シタグリプチンを第一選択薬とした症例における腎機能への
   影響, 第6回日本くすりと糖尿病学会, 2017.9.

(4)清水淳一:糖尿病患者さんと私 支えてくださった先生方, 第6回日本くすりと糖尿病学会会長講演,
   2017.9.

(5)清水淳一:患者さんを含めたチームワーク・ネットワークー薬剤師の立場からー, 第24回全国済生会
   糖尿病セミナーシンポジウム, 2017.8.

(6)鈴木知則、安達晶子、間宮伸幸、清水淳一:当院におけるOpioid 鎮痛薬に対する支持療法の使用状況,
   第11回日本緩和医療薬学会, 2017.6.

(7)梅澤元紀、間宮伸幸、清水淳一:糖尿病合併nab-PTX投与患者における末梢神経障害の発現状況調査,
   第6回日本臨床腫瘍薬学会, 2017.3

(8)吉原正和:静脈血栓塞栓症と抗凝固薬に対する当院薬剤師の取り組み, INNOVATE program Bayside
   2018, 2018.3.

(9)鶴岡翔太:当院におけるPFMでの術前中止薬の対応について, 第6回多施設若手薬剤師研究会,
   2018.2.

(10)間宮伸幸:バランスト・スコアカードによるマネジメントと戦略策定, 東京都病院薬剤師会
   ファーマシーマネジメント小委員会, 2018.1.

(11)間宮伸幸:曝露対策合同ガイドライン発刊後における当院での取り組み, 城南地区オンコロジー
   セミナー, 2017.11.

(12)清水淳一:おくすりとうまく付き合うために知っておきたいこと〜糖尿病薬を中心に〜, 東京内科
   医会市民セミナー2017, 2017.10.

(13)清水淳一:糖尿病のインスリン治療 ~私はこう考えます~, 第8回庄内薬剤師糖尿病講演会
   2017.6.

(14)中田順子:残薬を減らしましょう, あかばね会勉強会, 2017.4.

2. 雑誌発表等

(1)間宮伸幸:がん診療連携拠点病院薬剤師研修会, 都薬雑誌 Vol.40, No.3, 13(2018)
(2)鶴岡翔太:処方箋(128)ガイドラインに基づいた循環器領域の処方鑑査, 東京都病院薬剤師会雑誌
   67, 23(2018)
(3)清水淳一:「日本くすりと糖尿病学会」が認定制度で目指す薬剤師像, 糖尿病ケア Vol.14, No.11,
   1037(2017)

 

3.書籍

(1)清水淳一(分担執筆):今日の治療指針2018年版(福井次矢・高木誠・小室一成総編集), 服薬指導・
   薬剤情報(本態性高血圧症, 低血圧症, 高齢者の糖尿病, 副甲状腺機能亢進症), 医学書院, 356,
   358, 720, 761-762(2018)

(2)清水淳一(分担執筆):治療薬ハンドブック2018年(髙久史麿監修), 薬剤リスト編, じほう(2018)

(3)清水淳一ほか:写真付/服薬指導CD-ROM 2018年3月版, じほう(2018.3)

(4)清水淳一ほか:写真付/服薬指導CD-ROM 2017年9月版, じほう(2017.9)

 

平成28年度

1.学会発表・講演会

(1)長谷川晃一ほか:当院におけるAST(Antimicrobial Stewardship Team)活動によるアウトカムの検討
   ~輪(和)の心を持った支援への薬剤師の役割~, 第64回日本化学療法学会西日本支部総会, 2016.11.

(2)本濵諭、清水淳一ほか:CKD教育入院患者におけるプレアボイド活動の実態調査, 第10回日本腎臓病
   薬物療法学会, 2016.11

(3)清水淳一:認定制度で目指す薬剤師像, 第5回日本くすりと糖尿病学会2016.10

(4)鶴岡翔太、面来晃二、清水淳一ほか:有害事象自発報告データベースを用いたデータマイニングに
   よる経口抗凝固薬と臓器別出血リスクに関する関連性の解析, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.9

(5)間宮伸幸、有野徹、清水淳一:低クレアチニン値におけるカルボプラチン投与量と血小板減少に関する
   調査, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.9

(6)長谷川晃一、清水淳一ほか:注射薬の患者別セットにおけるSPDとの協働―SPDによるピッキング
   ミスの防止対策への取り組み―, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.9

(7)篠村英明、間宮伸幸、清水淳一, DPP-4阻害薬がERCP後の膵炎発症に及ぼす影響, 日本病院薬剤師会
   関東ブロック第46回学術大会, 2016.8

(8)清水淳一:糖尿病薬~私はこのように説明しています~, 第4回糖尿病療養指導学会, 2016.7

(9)鈴木知則、間宮伸幸、清水淳一:当院におけるタペンタドール錠の使用状況, 第10回日本緩和医療
   薬学会, 2016.6

(10)清水淳一ほか:非アルコール性脂肪肝合併2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬の影響について,
   第59回日本糖尿病学会2016.5

(11)川久保早紀:プレアボイド推進にむけた活動報告, 東京都病院薬剤師会プレアボイドフォーラム東京
   2017, 2017.3

(12)井太家礼佳:新人への病棟業務の教育, 薬務薬制部病棟業務整備小委員会研究会, 2017.2

(13)間宮伸幸:リーダー育成 どこから取り組む?! がん薬物療法における曝露対策~組織に
   働きかけるために必要なこと~, 日本がん看護学会ガイドライン委員会2016.1

(14)間宮伸幸:抗がん薬職業曝露に対する正しい理解と組織的対応の必要性, オンコロジー研究会,
   2016.10

(15)川久保早紀:入院患者における内服薬管理, 第2回多施設若手薬剤師研究会2016.8

(16)長谷川由佳:CAPD患者へSGLT-2阻害薬を投与した一例, 多施設若手薬剤師研究会, 2016.4

 

2. 雑誌発表等

(1)清水淳一:あなたの薬はどこで効く?, 糖尿病ケア 13, No.5, 404(2016)

(2)清水淳一:糖尿病薬~私はこのように説明しています~, DM Ensemble Vol.5増刊号, 35(2016)

3.書籍

(1)清水淳一(分担執筆):今日の治療指針2017年版(福井次矢・高木誠・小室一成総編集),
   服薬指導・薬剤情報(本態性高血圧症, 低血圧症, 高齢者の糖尿病, 副甲状腺機能亢進症),
   医学書院, 356-357, 359, 706, 749(2017)

(2)清水淳一(分担執筆):治療薬ハンドブック2017年(髙久史麿監修), 薬剤リスト編, じほう(2017)

(3)清水淳一ほか:写真付/服薬指導CD-ROM 2017年3月版, じほう(2017.3)

(4)清水淳一ほか:写真付/服薬指導CD-ROM 2016年9月版, じほう(2016.9)

(5)清水淳一ほか:糖尿病におけるmultimorbidity, 南山堂(2017)

平成27年度

1.学会発表・講演会

(1)間宮伸幸:チームで取り組むがん薬物療法における曝露対策-ガイドライン発刊後半年の現状と
   課題-, 第30回日本がん看護学会学術集会ガイドライン委員会研修シンポジウム, 2016.2

(2)間宮伸幸:東京都済生会中央病院、がん研有明病院両薬剤部連携合同研究会における有用性の検討,
   第25回日本医療薬学会年会, 2015.11

(3)清水淳一ほか:ビデュリオン皮下注用ペン補助具試作について, 第4回日本くすりと糖尿病学会,
   2015.9

(4)清水淳一:日本くすりと糖尿病学会認定薬剤師制度の目指すもの, 第4回日本くすりと糖尿病学会
   シンポジウム, 2015.9

(5)清水淳一ほか:ビデュリオン皮下注用2mgペン補助具試作について, 第22回全国済生会糖尿病
   セミナー, 2015.8

(6)清水淳一:糖尿病領域における新たな認定制度について, 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術
   大会シンポジウム, 2015.8

(7)清水淳一ほか:イプラグリフロジンの脂質代謝と肝機能に対する影響について, 第58回日本糖尿病
   学会, 2015.5

2.書籍

(1)清水淳一(分担執筆):今日の治療指針2016年版(福井次矢・高木誠・小室一成総編集),
   服薬指導・薬剤情報(本態性高血圧症, 低血圧症, 高齢者の糖尿病, 副甲状腺機能亢進症),
   医学書院, 402, 404, 755, 796(2016)

(2)清水淳一(分担執筆):治療薬ハンドブック2016年(髙久史麿監修), 薬剤リスト編, じほう(2016)

(3)清水淳一ほか:写真付/服薬指導CD-ROM 2016年3月版, じほう(2016.3)

(4)清水淳一ほか:写真付/服薬指導CD-ROM 2015年9月版, じほう(2015.9)