理念・基本方針

理念

施薬 救療 済生

「済生の精神」に基づいた思いやりのある保健・医療・福祉サービスの提供を通じて社会に貢献します。
(「済生の精神」とは、分け隔てなくあらゆる人々に医療・福祉の手を差しのべることです)

医療

当院は医療の理想を実現すべく、高度専門診療から救急医療、プライマリーケアに至るまで、総合病院としてあらゆる疾患に対応し、地域の基幹病院としての役割を果たしています。近年では、多様化・複雑化する疾病構造の変化に対応すべく、ハード・ソフト両面においても病院機能の改善を心がけ、信頼される医療の実践者としてさらなる向上を目指しています。また、教育病院として多くの医療従事者の育成にも取り組んでいます。

福祉

わが国の訪問看護の歴史は、済生会中央病院から始まっています。その歴史と伝統に培われた福祉に対する独自の取り組みには、これまでの経験と実績が大いに活かされています。附属乳児院の運営はその一環であり、港区立特別養護老人ホームやデイケアセンターとの連携、三田訪問看護ステーションの活動など、地域における福祉サービス事業は、利用者やその家族、行政や社会から大きな信頼を得ています。

保健

健康な人も、疾病をもった人も、より健康に過ごしたいという願いは同じです。本格的な高齢化社会を迎えた現在では、病気にならないための予防や個々の健康づくりへのニーズが高まる中、済生会を基盤とした保健の設計はさらに重要になると考えられます。そのため、一般、企業、主婦、乳幼児、身障者、脳ドックなど多岐にわたる保健事業を展開し、時代にあった健康開発を目指しています。

基本方針

  1. 地域の中核病院として、医療機関、福祉施設等との連携を密にします。
  2. 個人の権利を尊重し、相互信頼に基づいた医療を提供します。
  3. 職員が働きがいとプライドを持って、質の高いチーム医療を実践します。
  4. 医療従事者の教育と臨床医学の発展に貢献します。
  5. 保健・医療・福祉に恵まれない人々への支援に取り組みます。

患者さんの権利とお願い

患者さんの権利について

当院では患者さんの以下の権利を尊重します。

  1. 良質な医療を平等に受ける権利があります。
  2. 診療に関する情報を知り、十分な説明を受ける権利があります。
  3. 提供される医療行為を自ら選択できる権利があります。
  4. 医療に関する個人情報について保護される権利があります。

患者さんの責務(責任と義務)について

当院では、患者さんと職員が相互の信頼関係を築くことが、良質な医療の提供に繋がると考えます。以下のことについて、患者さんのご理解ご協力をお願いします。

  1. 診療に協力し自ら治療に積極的に参加される気持ちをお持ちください。
  2. 良質な医療を提供するため、ご自身の健康・疾病に関する情報を正確にお伝えください。
  3. 暴力・暴言など他の患者さんの治療や病院職員の業務に支障が生じるような言動はおやめください。
  4. 医療費をお支いください。

当院の取り組み

当院の理念と基本方針の「患者さんの権利と責務」にあるように、①患者さんは個人情報保護を保証されていますし、良質で平等な医療と診療に関する情報を知り説明を受ける権利、医療行為を自ら選択できる権利が保障されていることから②セカンドオピニオンを当院および他院で受けることをすすめています。また同様に方針決定に迷うような③臨床倫理問題にも患者さんとご家族がわれわれとともに検討する機会(臨床倫理コンサルテーション)も設けられています。

地域における役割

当院は地域における役割・機能について以下の通りと考え、日夜努力をしております。

  1. 急性期の医療
    当院は質の高い医療を提供し、早期治癒を目指し、平均在院日数(※)の短縮に務めています。
    (参考)平成24年度 14.3日、平成25年度 13.9日、平成26年度 14.5日
    ※平均在院日数とは入院から退院までの平均日数です。
  2. 地域の中核病院
    当院は地域医療支援病院の認定を受けております。早くから(平成2年)地域医療連携に着目し、専門の部署を設け、専任スタッフを配置しています。更に地域医療センターを設立し、その機能の充実に努めております。
  3. 三次・二次救急医療体制
    当院は東京都指定の三次救急(救命救急センター設置)・二次救急医療機関として、主に重症、中等症の治療にあたっています。救急車搬送数、救急外来からの入院者数も増加しており、地域の救急医療の中核的な役割りを果たしています。また、東京都CCU連絡協議会の一員として特殊救急(心臓循環器)分野の役割りを担っています。
  4. 災害拠点病院
    当院は災害拠点病院として、災害時の医療資器材の確保、トリアージ訓練、東京都防災行政無線の整備等を実施しております。
  5. 生活保護医療
    当院は昭和27年より東京都より(旧)都立民生病院の運営を受託し、住所不定等要保護者の医療に従事しています。平成14年からは(旧)都立民生病院の機能を継承し当院の病棟の一部として運営しております。
  6. 老人福祉施設等との連携
    当院は老人福祉施設等の入所者(児)を多く受け入れています。特別養護老人ホームや乳児院等の福祉施設では入所者(児)の健康問題に対応するため、医療機関との連携が必ず必要となります。これらの施設に対し、強力に医療面でのバックアップを行っています。
  7. 医療人の教育
    当院は医療人の教育を通じ広く社会に貢献することを目的として医師、看護師等の卒後教育に力を入れております。また、多くの学校の実習にも協力しております。