「済生の精神」

病院理念

「済生の精神」に基づいた思いやりのある保健・医療・福祉サービスの提供を通じて社会に貢献します。 ※「済生の精神」とは、分け隔てなくあらゆる人々に医療・福祉の手を差しのべることです

医 療

当院は医療の理想を実現すべく、高度専門診療から救急医療、プライマリーケアに至るまで、総合病院としてあらゆる疾患に対応し、地域の基幹病院としての役割を果たしています。近年では、多様化・複雑化する疾病構造の変化に対応すべく、ハード・ソフト両面においても病院機能の改善を心がけ、信頼される医療の実践者としてさらなる向上を目指しています。また、教育病院として多くの医療従事者の育成にも取り組んでいます。

福 祉

わが国の訪問看護の歴史は、済生会中央病院から始まっています。その歴史と伝統に培われた福祉に対する独自の取り組みには、これまでの経験と実績が大いに活かされています。附属乳児院の運営はその一環であり、港区立特別養護老人ホームやデイケアセンターとの連携、三田訪問看護ステーションの活動など、地域における福祉サービス事業は、利用者やその家族、行政や社会から大きな信頼を得ています。

保 健

健康な人も、疾病をもった人も、より健康に過ごしたいという願いは同じです。本格的な高齢化社会を迎えた現在では、病気にならないための予防や個々の健康づくりへのニーズが高まる中、済生会を基盤とした保健の設計はさらに重要になると考えられます。そのため一般、企業、主婦、乳幼児、身障者、脳ドックなど多岐にわたる保健事業を展開し、時代にあった健康開発を目指しています。

▲上に戻る