臨床研修

臨床研修

医師臨床研修について

当院は厚生労働省の臨床研修指定病院(基幹型)であるとともに、日本内科学会・日本外科学会を含む37学会より認定された高度かつ専門的教育・研修施設です。優秀な臨床医を目指す若い医師に研修の場を与え、医師として成長するために心技両面より教育を行うことを当院の大きな使命の一つと考えています。 当院の初期研修医教育システムは30年以上の歴史があり、既に200名以上が本研修を修了し、全国で優れた臨床医として活躍しています。平成16年に変更された初期臨床研修必修化以降も、毎年多数の応募を頂き、9年間フルマッチの状態が続いています。また後期研修(当院では専修医)についても院内体制を整備し、平成18年からは公募採用を導入、広く全国から希望者を募っています。 教育はコミュニケーションから生み出されるプロダクトですが、それ自体が医療チームの意思疎通を向上させ、診療レベルを向上させます。このような教育効果の連鎖こそ、私たちが目指す、患者中心の良質・高度な診療を供給する礎になるものと信じています。だからこそ私たちは、今までもそしてこれからも、この臨床研修の文化を紡ぎ育ててゆきたいと考えています。

初期臨床研修の理念

初期臨床研修の理念

「済生会」の持つ社会的使命の下、職員一同が自負と責任を持って、将来の日本の医療を支え、国民が求める保健・医療・福祉の負託に応えられる医師を養成します。

初期臨床研修の基本方針

  1. 社会人・医療人として持つべき人格の涵養を促進します。
  2. 個人の自主性を尊重し、自立と自律を促します。
  3. 屋根瓦方式を通して、相互教育の重要性を認識します。
  4. チーム医療の重要性を認識し、自ら実践できる行動力を養成します。
お問い合わせ先

お問い合わせ先

〒108-0073 東京都港区三田1-4-17
東京都済生会中央病院 臨床研修室

TEL 03-3451-8211 (内線4620)
FAX 03-5444-3590
E-Mail : kensyu@saichu.jp