感染予防のお願い

発熱や咳の症状で来院される方へ

発熱や咳のある方は、必ずマスクを着用してください。

発熱の症状がある方は、受付または総合案内にて、発熱があることをお伝えください。

※面会者受付カウンター横にマスク自動販売機(2枚/100円)を設置しています。

咳エチケットのお願い

咳やくしゃみの症状がある方は、咳エチケットとして、マスクの着用をお願い致します。

  • インフルエンザや百日咳などの感染症は、咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるウイルスや細菌を吸い込むことで感染します。
  • 咳やくしゃみによる感染症を予防するために、咳エチケットをしましょう。
  1. ティッシュなどでおおう

    • 咳やくしゃみをするときは、ティッシュなどで口と鼻をおおいます。
    • 使用したティッシュなどには、ウイルスや病原体が付着しているためゴミ箱に捨てましょう。その後には、手洗いをしましょう。
  2. マスクをする

    • 咳やくしゃみがあるときはマスクをつけます。
    • マスクは、鼻と口をおおうように着けましょう。
  3. とっさの時は、肘でおおう

    • マスクをしていない場合に、とっさに咳やくしゃみがでるときは、肘で鼻と口をおおいます。
    • 手でおおってしまったら、ウイルスや病原体を他に広げないように、直ぐに手を洗いましょう。
  4. 手洗いまたは消毒をする

    • 手洗いがもっとも大切です。
    • せっけんと流水のほか、アルコール手指消毒剤を手にすり込むのも有効です。