地域連携クリニカルパスについて

地域連携クリニカルパスは、診療にあたる複数の医療機関が役割分担をして、地域で良質な医療を効率的かつ安全・適正に提供することを目的として作られました。地域の医療機関同士で治療方針を一定にし、あらかじめ診療内容を患者様に提示・説明することによって、患者様が地域の中で安心して医療を受けることができるというメリットがあります。