整形外科

柳本 繁 部長 柳本 繁 部長  
  • 慶應義塾大学 昭和55年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会認定 リウマチ医
  • 慶応義塾大学整形外科 客員准教授

専門は股関節外科。特に専門分野は人工股関節で、日本人用に作成した慶應・京セラ式人工股関節(Keio-Kyocera Series)の開発者です。このKKS人工股関節は多数の施設で10年以上使用されて、非常に良好な成績を挙げています。現在は麻酔を含め医学の進歩により比較的安全かつ早期にリハビリテーションを行い社会復帰出来る時代になりつつあります。高齢の方でも治療計画の相談をお待ちします。

 手塚正樹 担当部長
手塚正樹 担当部長
  • 慶應義塾大学 昭和57年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 慶應義塾大学整形外科 客員講師
  • 日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会指定 脊椎脊髄外科指導医

専門は脊椎・脊髄外科.一般的な腰痛、肩こりをはじめ、椎間板ヘルニア等の変性疾患、脊柱変形、脊椎骨折、脊椎腫瘍など脊椎のあらゆる領域の疾患に対し、保存的療法から手術療法まで、患者さんの病態に最も適した治療を選択して行っております。

亀山 真 担当部長
亀山 真 担当部長
  • 慶應義塾大学 昭和60年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本手外科学会認定 手外科専門医
  • 慶應義塾大学整形外科非常勤講師

専門は上肢の外科、骨折一般、マイクロサージャリーです。特に、侵襲の少ない手技での骨折の治療、顕微鏡を駆使しての神経の修復、内視鏡を用いた手根管開放術、などを行っております。上肢手術麻酔の大半は、安全性を考慮し超音波ガイド下神経ブロックを行い、術後疼痛の緩和も図っています。外来診療では、超音波検査機器を多用し、X線で評価できない軟部組織障害の評価に務めています。治療に当たりましては、疾患、外傷の重症度、早期社会復帰の必要性、などを考慮し最善の治療を選択するように心がけています。

塩野雄太 副医長
  • 旭川医科大学 平成15年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会 指導医
武田勇樹 副医長
  • 福島県立医科大学 平成16年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会認定 リウマチ医
梅津太郎 医員
  • 慶應義塾大学 平成23年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医
渡邉 元 専修医  
  • 秋田大学 平成23年卒業
森下 緑 専修医
  • 愛媛大学 平成24年卒業
坂本 徹夫 専修医
  • 岩手医科大学 平成27年卒業
小川清久 非常勤医師
  • 肩関節外科
  • 慶應義塾大学整形外科 非常勤講師
水島斌雄
  • 慶應義塾大学 昭和40年卒業
  • 日本整形外科学会 専門医