認知症疾患
医療センター

業務内容

認知症疾患医療センターの主な業務内容は下記の通りです。

  1. 専門医療相談
    専門の相談員(精神保健福祉士、保健師など)が、認知症に関する各種相談をお受けします。
    専門医療相談のページへ
  2. 認知症の診断と対応
    メモリークリニック(もの忘れ外来)で認知症の鑑別診断や治療方針の決定を行います。治療方針が決定した後は、かかりつけ医と連携をとり、基本的にはかかりつけ医に治療を継続していただきます。
    メモリークリニックのページへ
  3. 身体合併症・周辺症状への対応
    認知症の方が身体的な病気に罹られたときには、病状に応じて入院を含めた対応を検討します。
    幻覚、妄想、暴力などの周辺症状に対してはメモリークリニックで対応いたします。しかし、症状が重度で入院適応と判断した場合には、当院には精神科病棟がないため、入院可能な精神科連携医療機関(慶應義塾大学病院、大泉病院、東京武蔵野病院)をご紹介いたします。
    メモリークリニックのページへ
  4. 地域連携の推進
    認知症の方を地域で支えるためには、医療機関のみならず高齢者相談センター(地域包括支援センター)、区役所、訪問看護ステーション、ケアマネージャーなど多職種の方たちと連携を構築する必要があります。緊密かつ円滑な地域連携が図れるように、研修会などを定期的に開催し、「地域と顔の見える関係」の構築を目指して活動いたします。
    医療・介護者向けセミナー&研修会のページへ
  5. 専門医療、地域連携を支える人材の育成
    2017年4月の時点で、当院には日本認知症学会認定医が2名、認知症看護認定看護師が1名勤務しております。今後も当院では認知症の診療や看護を専門とする医師や看護師の育成に努めます。また、かかりつけ医を対象とした研修会の開催を企画していきます。
    医療・介護者向けセミナー&研修会のページへ
  6. 情報発信
    認知症に関するさまざまな情報を発信することに努めていきます。
    当院では一般市民の方を対象とした認知症関連セミナーや実践講座、ファミリーサロンなどを主催しています。認知症関連の情報発信や予防活動などを継続していきます。
    一般向けセミナー&講座のページへ