認知症疾患
医療センター

メモリークリニック(もの忘れ外来)

はじめに

認知症の方を的確に診断し、早期治療の道筋をつけることは大変に意義のあることです。また、認知症が進行すると、ご家族をはじめとする介護者が対応に困難を覚えることも多いと思います。そのような際に治療方針の見直しやアドバイスを行うことも必要です。
メモリークリニックは認知症の診断や治療方針の決定、治療方針の見直しなどを目的として開設しております。当院のメモリークリニックは神経内科医と精神科(心療科)医で構成されており、お互いの強みを生かし、協力して診療を行います。

対象者

  • 認知症の患者さん
  • 認知症が疑われる患者さん

対象疾患

アルツハイマー病、軽度認知障害(mild cognitive impairment:MCI)、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症など
(精査の結果、硬膜下血腫、正常圧水頭症、てんかん、うつ病、甲状腺機能低下症など認知機能を低下させる疾患が発見された場合には、適宜専門各科をご紹介いたします)

認知症を疑わせる症状

  • 置き忘れやしまい忘れが多くなる
  • よく知っている人の名前が出てこない
  • 日付が分からなくなり、時間に不正確になる
  • 同じことを何度も繰り返し言ったり聞いたりする
  • 性格が変わる、怒りっぽくなる
  • 何事にも関心を持てなくなる
  • 好きだった趣味をしなくなる
  • 道に迷うようになる
  • 幻覚が見える(小さな子供や動物など)
  • ものを盗られたと妄想を言うようになる
  • 仕事上で細かいミスが多くなり、仕事の速度が遅くなる
  • 同じような料理しか作らなくなり、毎日似た献立になる

受診方法

メモリークリニックは患者さんの診察に十分な時間を確保するため完全予約制となっております。
予約においては、原則的にかかりつけ医からの紹介状をご用意いただき、予約をお願い致します。かかりつけ医がいない場合には、下記の電話におかけいただき、担当者とご相談下さい。
尚 紹介状がない場合は、別途選定療養費(5,400円)がかかりますので、ご了承願います。

電話:03-3451-7651(直通)

受付時間:月曜~金曜 9:00 ~17:00、土曜 9:00 ~12:00

         祝祭日・年末年始・創立記念日(5月30日)は除きます

具体的な流れ

  1. 認知症の診断と初期治療の方針を決定する場合
    • 受診1日目
      患者さんおよびご家族から詳細に問診をさせて頂き、患者さんの診察をいたします。普段の生活状況を詳しく伺いたいため、患者さんの日常をよく知るご家族が同行して頂ければと思います。診察結果により必要な検査を予約して頂きます。基本的には血液検査、頭部MRI検査、脳血流SPECT(シンチ)検査、神経心理検査を予約します。必要と判断した場合には他の検査を予約して頂く場合もあります。
    • 受診2日目(受診1日目より約2~4週後)
      検査結果を総合して診断し、治療方針を決定します。治療の内容はご本人、ご家族と相談させて頂き、患者さんに応じた治療方針を決定します。
    • 受診3日目(受診2日目より約2~4週後)
      治療開始後の状況を拝見させて頂き、治療の効果や副作用の出現などを判断します。治療の効果があると判断した場合には、かかりつけ医に紹介状の返事を記載し、その後の継続診療を依頼します。副作用などの理由で治療方針の再考が必要な際には、後日の予約を頂くこともあります。治療方針が定まった後のフォローアップは原則的にかかりつけ医にお願いしますが、患者さんによっては、メモリークリニックでも6ヶ月~1年毎に経過を見させて頂きます。また、かかりつけ医のフォローアップの途中で病状の変化があり、かかりつけ医がメモリークリニックの再受診を必要と判断した際には、適宜メモリークリニックで拝見します。
  2. 既に認知症と診断されている患者さんの治療などに関する相談の場合
    • 受診1日目
      患者さんおよびご家族から詳細に問診をさせて頂き、患者さんの診察をいたします。普段の生活状況の中でどのようなことに困っているかを詳しく伺いたいため、必ず患者さんの日常をよく知るご家族が同行して下さい。
      診察結果により必要な検査を予約して頂くこともありますが、基本的にはご家族が困っていることに応じて治療方針を再考し、治療に関するアドバイスを行い、薬剤を処方することもあります。
      また、症状が重度で入院適応と判断した場合には、当院に精神科病棟がないため、入院可能な精神科連携医療機関(慶應義塾大学病院、大泉病院、東京武蔵野病院)をご紹介いたします。
    • 受診2日目(受診1日目より約2週後)
      受診1日目の後に開始した治療の効果を判定します。改善が見られているようであれば、かかりつけ医に紹介状の返事を記載し、その後の継続診療を依頼します。治療効果が乏しいようであれば、再度治療内容の見直しを行い、後日再診して頂きます。その場合も改善が見られた時点でかかりつけ医にフォローアップをお願いしますが、メモリークリニックでも6ヶ月~1年毎に受診をお願いする場合があります。

メモリークリニック担当医師

総合診療内科(神経内科) 荒川千晶 副医長 東京慈恵会医科大学 平成12年卒業
日本認知症学会専門医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
日本老年医学会 老年病専門医
精神科(心療科) 仁王進太郎 医長 東京医科歯科大学 平成12年卒業
日本精神神経学会専門医・指導医
精神保健指定医
日本臨床精神神経薬理学会専門医
神経内科 深谷純子 浜松医科大学 平成17年卒業
日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
日本認知症学会 専門医・指導医

メモリークリニック外来担当表

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前 仁王
(2.4週)
深谷
午後 深谷 荒川