総合診療内科

部分的ではなく全身的な病状の把握

私どもは一人の医師が外来主治医として患者さんの医療情報を一元的に把握し、包括的に診断、治療を完結することを目標にしています。複数の問題点を各専門医師に分散させて別々に問題を解決するという方式には疑問をもっています。

たとえばいくつかの症状があった場合

多くの患者さんは一つではなく複数の症状を心配して病院を受診されます。血糖が高めで、肝機能異常があり、検診で心電図異常を指摘され、また痔からときどき出血があった場合は、大学病院によっては、糖尿病センター、消化器センター、循環器センターならびに外科と複数のセクションを別々に受診しなければなりません。検査と薬が重複するかもしれません。

総合的かつ専門的に

私どもは一つの症状や臓器にとらわれることなく、総合的な視点から患者さんのもつ問題点を整理、抽出します。必要があれば即日、専門医にコンサルテーションを行い、問題が解決するまで責任を負います。診断が定まれば専門医の再来を受診して頂きます。

総合診療内科の各医師は得意分野を有しています

当院の総合診療内科医は一人ひとりが異なる得意分野を有していることが特徴です。

足立智英:老年医学全般

荒川千晶:認知症

小池 宙:東洋医学、家庭医療

谷山大輔:感染症

上記の分野でご相談がある場合にも、外来をご受診いただければ適宜拝見いたします。

紹介状をお持ちの場合

診断が確定して紹介されたり、外来医を指定されて紹介された場合は専門医を直接受診することができます。

初診の患者さんでも電話予約ができます

交換台に内科外来に電話をつなぐよう伝えてください。内科外来にご自身の受診希望日、希望医師、何を診てもらいたいかをお話しください、適切な日時を予約致します。電話予約の受け付けは午後2時から4時までです。総合外来の診療は午前中のみです。初診に続く再来は完全予約制となっています。