がん医療

血液内科

血液の悪性腫瘍や重症な再生不良貧血に対し、骨髄や血液中の造血幹細胞を採取し移植する造血幹細胞移植という方法が広く行われています。

血液内科はこちら

胃がん治療

早期胃がんに対する内視鏡的治療(粘膜切除術、粘膜下層剥離術、レーザー治療など)、腹腔鏡を用いた胃切除術、さらには進行がんに対する拡大手術まで、すべての外科治療に対応しています。また、手術前あるいは手術後の抗がん剤治療、手術不能例・進行再発例に対する抗がん剤治療も積極的に行っています。適応例に対しては、抗がん剤治療と放射線治療との併用療法も行っております。

一般・消化器外科はこちら

肺がん治療

早くより完全胸腔鏡下肺葉切除術を取り入れることにより、従来の開胸手術と比較し、患者さんの身体的ダメージが少ない低侵襲の治療法で効果をあげております。

呼吸器外科はこちら

化学療法を受けられている患者様へ

大腸がん治療

早期大腸がんに対する内視鏡的治療(粘膜切除術)、腹腔鏡を用いた大腸切除術、更には進行がんに対する拡大手術(肝移転に対する切除術・ラジオ波治療、肺移転に対する切除術などを含む)まで、すべての外科治療に対応しています。

また、手術前あるいは手術後の抗がん剤治療、手術不能例・進行再発例に対する抗がん剤治療も積極的に行っております。抗がん剤治療と分子標的薬治療の併用療法も行っております。

一般・消化器外科はこちら

乳がん治療

乳房温存手術(センチネルリンパ節生検を含む)を積極的に行っています。大きながんやリンパ節転移が疑われる場合も抗がん剤などによる術前治療を行って、可能な限り乳房温存手術を行っています。手術に際しては、傷跡の目立たない小切開に心がけております。手術、抗がん剤治療のほかに内分泌治療、分子標的薬治療、放射線治療も行っております。

乳腺外科はこちら

放射線治療

放射線治療とは、放射線を高いレベルで照射してがんを抑制する治療法です。高線量の放射線をあてるほど治療効果が期待されますが、高精度の管理も必要です。

放射線治療科はこちら