薬剤部

業務内容

薬剤部ではお薬を適正に使用するために様々な業務を行っています。どのような業務を行っているか紹介いたします。

外来・入院処方せん調剤業務

主に入院患者さんの内服薬や外用薬を処方せんに基づき調剤しています。処方内容が適正であるか、薬の量や飲み合わせ、服用方法などをチェックし、疑わしい点があれば医師に問い合わせを行います。また、病棟薬剤師と連携し、有効かつ安全な薬物治療が行われるように取り組んでいます。

調剤1

調剤2

注射薬処方せん調剤業務

内服薬や外用薬の処方せんと同様に入院患者さんに使用される注射薬も処方せんに基づき調剤しています。患者さんの年齢、体重、検査値などを考慮し、処方された薬剤について投与量、投与速度や配合変化などのチェックを行っています。

注射薬調剤

医薬品情報提供業務

適正かつ安全に薬物療法が行われるために必要な医薬品に関する情報を収集・評価し、その膨大な情報をそのままではなく薬剤師が薬学的知見に基づいて焦点を絞り、メディカルスタッフ(医師や看護師など)が理解しやすいように簡潔な情報に加工して院内の関連部署へ提供しています。また、メディカルスタッフや患者さんからの薬剤に関する様々な問い合わせにも対応しています。

医薬品情報

医薬品情報2

医薬品管理・供給業務

院内で使用する医薬品の購入、在庫管理および供給を行っています。当院では医薬品を適正に管理するために医薬品SPD(Supply Processing&Distribution)を導入することにより薬剤師による病棟薬剤業務や薬剤管理指導業務の強化を図っています。

医薬品管理1

医薬品管理2

病棟業務

当院では、一般病棟に薬剤師が業務時間内常駐し、入院患者さんの持参薬確認、服薬指導や内服薬の管理などの業務を薬学的知見に基づいて行っています。薬剤師は、メディカルスタッフと連携を取り、薬物療法が適正であるか投与直前までチェックし、さらに投与後の副作用など有害事象の発現にも留意しています。また、医師へ積極的に処方提案を行い、質の高い医療が提供できるように取り組んでいます。

病棟1

病棟2

抗がん剤(注射薬)の調製業務

外来および入院患者さんに使用される抗がん剤は、薬剤師が患者さんごとの薬歴を作成し、抗がん剤の投与量、投与速度、投与スケジュールなどが適正であることをチェックしてから調製しています。また、調製は安全キャビネットを用いて無菌的かつ調製者の被曝がないように行っています。

抗がん剤1

抗がん剤2

高カロリー輸液の調製業務

食事を取ることが難しい入院患者さんに高カロリー輸液を投与することがあります。高カロリー輸液は混合調製における細菌汚染のリスクが高いため、クリーンベンチ内で薬剤師が無菌的に調製しています。

高カロリー輸液

院内製剤の調製業務

治療上必要な薬でありながら、使用量が少ないまたは長期間品質を保持できないなどの理由により製薬会社が製造、販売していない製剤を医師の依頼のもと調製しています。

院内製剤

TDM

医薬品の中には、治療有効域の狭い薬剤や中毒域と有効域が接近して投与方法や投与量の管理の難しい薬剤があります。例えば、抗MRSA薬であるバンコマイシンなど一部の薬剤は血中濃度解析ソフトを利用して投与量、投与間隔などを評価し、適正な投与設計を薬剤師が医師に提案しています。

TDM

チーム医療

緩和ケアチーム、NST(栄養サポートチーム)、 ICT(感染制御チーム)、褥瘡チーム、RST(呼吸サポートチーム)、せん妄・認知症予防チームやえん下対策チームで多職種協働を図ることにより質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。
また、放射線技術科との協働による放射性医薬品の調製、糖尿病教育入院の講義やCKD教育入院のカンファレンスに参加するなど薬剤師の知識、技術を発揮して積極的にチーム医療に参画しています。

チーム医療1

ICTカンファレンスの様子

チーム医療2

褥瘡チーム打ち合わせ

チーム医療3

NSTの回診の様子

研究発表への対応

臨床研究や、日常業務における疑問点や問題点を検討した結果を済生会学会、その他の学会や雑誌などで積極的に発表・報告しています(「実績」の項目をご参照ください)。

薬学生実務実習の受け入れ

薬学教育の6年制化に伴い、長期間の実務実習が義務付けられました。当院は薬学教育協議会により証された実務実習受入施設であり、近隣大学や病院・薬局実務実習関東地区調整機構から薬学生を受けて入れています。

薬学生受入れ

当院で化学療法を受けられている患者さんへ

治療をより安全に受けていただけるよう、お薬に関する情報を患者さん向け、医療関係者向けに作成しました。よろしければご活用ください。

<がん化学療法を受けられている患者さんとご家族へ>

 

<副作用対策とスキンケアのポイント>

病棟薬剤師のお仕事

当院では、病棟に担当の薬剤師が常駐しています。病棟で薬剤師がどのような業務を行っているか紹介いたします。

pharmacist-1

プレアボイド報告

プレアボイドとは、薬剤師が薬物療法に直接関与し、薬学的患者ケアを実践することで、薬剤による有害事象を未然に防いだり、早期に発見し重篤化を防ぐなどの患者さんの不利益を回避するための活動のことです。
当薬剤部では、薬剤師が積極的に薬物療法に介入してプレアボイド報告を行っており、集積された報告を薬剤部内で共有して、処方提案の標準化およびスキルアップに使用しています。報告件数は月平均93.0件(平成26年4~7月)にものぼります。

当薬剤部は日本病院薬剤会より証されたプレアボイド報告施設です。

プレアボイド

専門・認定薬剤師

当薬剤部では各種専門薬剤師、認定薬剤師などの資格取得を支援しています。

がん薬物療法認定薬剤師 1 人
感染制御認定薬剤師 1 人
糖尿病療養指導士 3 人
NST専門療法士 2 人
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 7 人
日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師 8 人
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 1 人
スポーツファーマシスト 1 人

当薬剤部の各種資格取得人数(平成27年4月1日現在)

実   績

平成26年度

1.学会発表・講演会

(1)清水淳一ほか:フレックスタッチの握り方に関する検討, 第21回全国済生会糖尿病セミナー, 2014.8.

(2)有野徹、堀井剛史、清水淳一ほか:フレックスタッチとフレックスペンの自己注射手技に関する比較

     検討,第57回日本糖尿病学会, 2014.5.

(3)堀井剛史、清水淳一ほか:インスリン療法2型糖尿病におけるリナグリプチン追加投与の臨床的

     有効性,第57回日本糖尿病学会, 2014.5.

(4)清水淳一、堀井剛史、有野徹ほか:インスリンデグルデクの効果発現までの期間に関する検討,

     第57回日本糖尿病学会, 2014.5.

(5)Takeshi Horii, Junichi Shimizu et al:Choice of first-line drug and estimated medical costs

     for the subsequent 10 years , 74th American Diabetes Association scientific sessions,

     2014.6.

(6)宮崎絵美、堀井剛史、清水淳一ほか:DPP-4阻害薬-テネリグリプチンとリナグリプチンの比較

     検討,第3回日本くすりと糖尿病学会, 2014.11.

(7)堀井剛史、中田順子、清水淳一ほか:第一選択経口糖尿病薬の違いによる96週後の血糖コント

     ロールへの影響,第3回日本くすりと糖尿病学会, 2014.11.

(8)清水淳一:糖尿病チームの活動(東京都済生会中央病院の場合), 第14回日本糖尿病情報学会

     シンポジウム4,2014.8.

(9)佐藤圭、堀井剛史、吉原正和、清水淳一:当院における各検査項目に対するCKDガイドライン2013

     の未達率と薬剤師による介入の現状についての調査, 第8回日本腎臓病薬物療法学会, 2014.10.

(10)堀井剛史、佐藤圭、清水淳一:DPP-4阻害薬ビルダグリプチンによるアルブミン尿/蛋白尿

     減少効果,第8回日本腎臓病薬物療法学会, 2014.10.

(11)清水淳一、間宮伸幸ほか:当院薬剤部におけるバランスト・スコアカード(BSC)導入の成果と

     問題点,第24回日本医療薬学会, 2014.9.

(12)堀井剛史:糖尿病の薬物療法について, 日本糖尿病療養指導士認定機構認定更新者用講習会

   (京都), 2014.12.

(13)堀井剛史:糖尿病の薬物療法について, 日本糖尿病療養指導士認定機構認定更新者用講習会

   (札幌), 2015.1.

(14)堀井剛史:糖尿病の薬物療法について, 日本糖尿病療養指導士認定機構認定更新者用講習会

   (横浜), 2014.12.

(15)堀井剛史:糖尿病の合併症, 日本私立医科大学協会 病院薬剤部長会議 薬剤師実務者研修会,

      2015.2.

(16)堀井剛史:当院におけるトラゼンタの使用経験と臨床効果, 第3回 糖尿病患者支援を考える会,

      2014.11.

(17)間宮伸幸:中催吐性リスク抗がん薬に対する制吐療法の現状報告と課題,

     第6回日本がん薬剤学会, 2014.5.

(18)有野徹:抗がん剤治療に伴う皮膚障害, PAS-meeting(がん研有明病院との勉強会)2014.10.

(19)清水淳一:あかばね会総会にて講演, あかばね会勉強会, 2014.6.

(20)堀井剛史、中田順子:薬物療法(経口剤とGLP-1アナログ), あかばね会勉強会, 2014.11.

(21)有野徹:タバコについて, あかばね会勉強会, 2015.1.

(22)堀井剛史:糖尿病とがん, あかばね会勉強会, 2015.3.

2.雑誌発表等(ホームページ掲載を含む)

(1)鈴木知則:スポーツ歳時記(38), 東京都病院薬剤師会雑誌 63, 147(2014)

(2)鈴木知則:スポーツ歳時記(39), 東京都病院薬剤師会雑誌 63, 249(2014)

(3)鈴木知則:スポーツ歳時記(40), 東京都病院薬剤師会雑誌 63, 320(2014)

(4)鈴木知則:スポーツ歳時記(41), 東京都病院薬剤師会雑誌 63, 466(2014)

(5)鈴木知則:スポーツ歳時記(42), 東京都病院薬剤師会雑誌 63, 531(2014)

(6)鈴木知則:スポーツ歳時記(43), 東京都病院薬剤師会雑誌 64, 62(2015)

(7)鈴木知則:都病薬グルメ紀行 二合半, 東京都病院薬剤師会雑誌 63, 529(2014)

(8)堀井剛史、清水淳一ほか:ピオグリタゾンからシタグリプチンへの切り替えによる臨床効果に対する

     影響,くすりと糖尿病 3, 55-62(2014)

(9)吉原正和:書評「インフォームドコンセントのための図説シリーズ 不整脈治療のためのカテーテル

     アブレーション―エビデンスに基づいた周術期管理―」, 東京都病院薬剤師会雑誌 63,

     538(2014)

(10)間宮伸幸、清水淳一:バランスト・スコアカードを活用したファーマシーマネジメントの実践 (6)

     専門性をも併せ持ったジェネラリストを目指す薬剤部, 月刊誌 薬局 65(10):

     2615-2619(2014)

平成25年度

1.学会発表・講演会

(1)清水淳一、堀井剛史ほか:シタグリプチン単独療法の効果継続要因の検討,

     第56回日本糖尿病学会, 2013.5.

(2)堀井剛史、清水淳一ほか:ビルダグリプチンの継続投与における血糖コントロールに対する有効性

     の検討,第56回日本糖尿病学会, 2013.5.

(3)堀井剛史:救急救命病棟におけるプロポフォール注の管理の現状, 第16回日本臨床救急医学会,

     2013.7.

(4)長谷川晃一、若林薫、鈴木知則、南武夫、清水淳一:病棟薬剤業務実施加算の算定開始までの

     プロセスとアウトカム,第23回日本医療薬学会, 2013.9.

(5)佐藤圭、間宮伸幸、清水淳一:ゲムシタビン単剤療法における制吐剤適正使用に向けた取り組み,

     第66回済生会学会, 2013.10.

(6)鈴木知則、清水淳一ほか:当院医療技術部門活性化プロジェクト独自の基準による医療資格の

     ランク付けについて, 第66回済生会学会, 2013.10.

(7)間宮伸幸、清水淳一ほか:腎機能に基づいたペメトレキセド投与量と副作用の検討,

     第66回済生会学会, 2013.10.

(8)吉原正和、鈴木知則、清水淳一:プレアボイド報告の情報共有を活用した薬剤師のスキルアップ,

     第66回済生会学会, 2013.10.

(9)中田順子、堀井剛史、清水淳一ほか:中等度腎機能障害を合併する2型糖尿病患者に対するDPP-4

     阻害薬ビルダグリプチンの使用状況及び効果の評価, 第2回日本くすりと糖尿病学会, 2013.11.

(10)堀井剛史、清水淳一ほか:患者背景にみたビルダグリプチン長期投与による有効性の検討,

     第2回日本くすりと糖尿病学会, 2013.11.

(11)中田順子、堀井剛史、清水淳一ほか:中等度腎機能障害を合併する2型糖尿病患者に対するDPP-4

     阻害薬ビルダグリプチンの使用状況及び効果の評価, 第20回全国済生会糖尿病セミナー, 2013.8.

(12)間宮伸幸:肺がん化学療法時における有害事象マネージメント, 第3回みなと薬薬連携セミナー,

      2013.5.

(13)本濵諭:透析患者における処方鑑査時の注意点, 第4回みなと薬薬連携セミナー, 2013.11

(14)鈴木知則:呼吸器疾患患者に対する吸入指導法, 港区呼吸器疾患勉強会, 2014.1

(15)堀井剛史:ビルダグリプチンの48週継続投与における臨床評価, N-SPOT(NOVARTIS Special

     Physician Of Tokyo), 2014.2.

(16)清水淳一:薬剤師からの糖尿病おたすけグッズ, 市民講座(主催:区中央部糖尿病医療連携検討会),

     2014.3.

(17)吉原正和:プレアボイド推進にむけた活動報告, 東京都病院薬剤師会プレアボイド

     フォーラム東京2014, 2014.2.

2.雑誌発表等(ホームページ掲載を含む)

(1)堀井剛史:5つのメディカルエッセンス, CDE-Jニューズレター 第41号

(2)堀井剛史:5つのメディカルエッセンス, CDE-Jニューズレター 第42号

(3)鈴木知則:スポーツ歳時記(32), 東京都病院薬剤師会雑誌62, 132 (2013)

(4)鈴木知則:スポーツ歳時記(33), 東京都病院薬剤師会雑誌62, 219 (2013)

(5)鈴木知則:スポーツ歳時記(34), 東京都病院薬剤師会雑誌62, 325 (2013)

(6)鈴木知則:スポーツ歳時記(35), 東京都病院薬剤師会雑誌62, 439 (2013)

(7)鈴木知則:スポーツ歳時記(36), 東京都病院薬剤師会雑誌62, 517 (2013)

(8)鈴木知則:スポーツ歳時記(37), 東京都病院薬剤師会雑誌63, 56 (2014)

(9)堀井剛史:vildagliptin report

平成24年度

1.学会発表・講演会

(1)清水淳一、堀井剛史、南武夫ほか:ヒトCD20特異的なモノクロナール抗体(リツキシマブ)が血糖コ

     ントロールに与える影響について, 第55回日本糖尿病学会, 2012.5.

(2)堀井剛史、清水淳一、南武夫ほか:ピオグリダゾン塩酸塩による、治療中止の影響について,

     第55回日本糖尿病学会,2012.5.

(3)堀井剛史、清水淳一ほか:ピオグリタゾン塩酸塩中止による血糖コントロールの変動因子の検討,

     第1回くすりと糖尿病学会, 2012.9.

(4)渡邉有紀、堀井剛史、清水淳一ほか:ピオグリダゾン塩酸塩からDPP-4阻害薬へ切り替えによる

     影響について,第1回くすりと糖尿病学会, 2012.9.

(5)堀井剛史:アルコール・間食について, あかばね会勉強会, 2012.10.

(6)清水淳一:ケーススタディー2<食事療法、運動療法の進め方/薬物療法、血糖自己測定>,

     日本糖尿病療法指導士認定機構 第10回認定更新者用講習会, 2012.12

(7)堀井剛史:糖尿病の内服薬, あかばね会勉強会, 2013.1.

2.雑誌発表等(ホームページ掲載を含む)

(1)南武夫:医療用医薬品プロモーションコードの現状, 薬事新報, No.2702、25 (2012)

(2)堀井剛史、清水淳一:スペシャリストの症例から学ぶ!インクレチン関連薬の薬物治療管理‐消化

     器系症状の副作用説明とそのモニタリング‐, 薬局63, 3728-3732 (2012)

(3)渡邉有紀、堀井剛史、清水淳一:エビデンスUp To Date ~耳より学会トピック~, Yakugyo Jiho

(4)堀井剛史、清水淳一:ピオグリタゾン塩酸塩からDPP-4阻害薬へのきりかえによる治療効果に与え

     る影響について, 薬事新報, No2771、9-15 (2013)

(5)清水淳一:糖尿病のガイドライン, 月刊薬事54, 1961-1968 (2012)

(6)清水淳一:GLP-1受容体作動薬のリスクマネジメント, 月刊薬事55, 207-211 (2013)

(7)本濵諭ほか:専門職連携企画 知りたい!深めたい!他職種と良好な関係を築く 薬剤師編,

     ヘルスケア・レストラン2013年4月号, 2013.3.

(8)長谷川晃一、間宮伸幸、笠井幹貞:がん薬物療法に携わる薬剤師, 協和発酵キリン株式会社(株)

     ホームページ

(9)佐藤圭:書評「インフォームドコンセントのための図説シリーズ 脳梗塞の予防と再発防止

     改訂3版」, 東京都病院薬剤師会雑誌62, 24 (2013)

(10)鈴木知則:スポーツ歳時記(26), 東京都病院薬剤師会雑誌61, 153 (2012)

(11)鈴木知則:スポーツ歳時記(27), 東京都病院薬剤師会雑誌61, 288 (2012)

(12)鈴木知則:スポーツ歳時記(28), 東京都病院薬剤師会雑誌61, 329 (2012)

(13)鈴木知則:スポーツ歳時記(29), 東京都病院薬剤師会雑誌61, 471 (2012)

(14)鈴木知則:スポーツ歳時記(30), 東京都病院薬剤師会雑誌61, 615 (2012)

(15)鈴木知則:スポーツ歳時記(31), 東京都病院薬剤師会雑誌62, 48 (2013)