医療安全対策センター

医療安全対策センター

医療の現場において、医学の進歩や医療システムの高度化が進む一方、各種システムの複雑化や臨床現場の多重業務による疲弊は、医療事故が発生する大きな要因の一つとなっています。医療事故防止や医療の質と安全を管理するために、当院では以下の体制を整えております。

  • 医療安全対策室の設置

    (担当副院長1名、クオリティマネジャー1名、専従看護師1名、医師1名、看護師1名、薬剤師1名、事務3名)

  • 医療安全に関する各種指針・マニュアルの作成
  • ヒヤリ・ハットと呼ばれるインシデント事例の報告
  • インシデント事例の共有と他職種による事例検討
  • インシデント発生時の状況確認や対策・改善支援
  • アクシデント発生時の対応(状況確認、対策、対応、検討会議の開催と運営など)
  • 医療安全に関する全職員対象の院内研修会の企画・開催・運営
  • 医療安全に関連した各種委員会・会議の開催・運営
  • 医療安全ニュースの発行
  • 医療に関する患者相談窓口の設置

CQC医療安全-1

CQC医療安全-2

CQC医療安全-3

前年度の実績

有害事象発生時の対応マニュアルの作成

医療安全推進週間での5S活動

RCA(根本原因分析)導入の準備

院内急変対応体制の整備に向けた取り組み

全職員対象の研修会実施(6回/年)

今年度の主な取組み

RCA(根本原因分析)の本格導入

院内医療メディエーター養成研修

院内急変対応体制の整備

全職員対象の研修会実施(6回/年)

  • 第1回『平成25年度のインシデント・アクシデントレポートの傾向と今年度の取り組み』
  • 第2回『RCA概論』
  • 第3回『苦情・悪質クレーム対応』
  • 第4回『院内医療メディエーター養成研修』
  • 第5回『合同研修』
  • 第6回『事故調査制度について』

患者さんに向けたひと言

「納得のいく説明を聞き、最善の治療を受けたい」
「安心・安全な治療を受けたい」
病院にいらっしゃる方は皆さん同じ思いではないでしょうか。その思いに応えるために、患者さんと医療者が治療という同じ目的に向かい、歩むことが大切だと考えています。
そして病院の職員一人ひとりが患者さんを中心としたチームの一員として、日々研鑽を積み、安心・安全な医療を提供するため、最善を尽くすことが重要だと考えています。