医療安全対策センター

医療安全管理部門として2003年4月医療安全対策室が設置されました。2017年4月より医療安全対策センターに改め、医療安全の推進を担う医療安全推進室、患者サービスと苦情・クレームへの速やかな対応を担う患者サービス・リスク管理室を設置し、医療安全体制の充実ならびに医療安全文化の醸成に努めております。

医療安全推進室

主な業務

  • 医療の質・安全管理体制の整備、医療安全ラウンド
  • 医療安全のための指針、マニュアル等の作成・見直し
  • 医療安全教育・研修会の企画
  • インシデント・アクシデントレポートの管理、分析、対策立案、フィードバック
  • セーフティマネジャーの活動支援
  • 院内医療メディエーター養成・教育
  • 院内医療メディエーションの実施
  • その他、院内の医療安全に関する業務

医療安全ラウンド

CQC医療安全-1

医療安全研修会

CQC医療安全-2

セーフティーマネジャー委員会

CQC医療安全-3

患者サービス・リスク管理室

主な業務

  • フロアサービス(医療通訳を配置しています。)
  • 投書・苦情・クレーム対応
  • 個人情報に関する苦情・相談窓口
  • 診療録等の診療情報の開示・提供
  • 警察・弁護士等の問い合わせ窓口 他

フロアコンシェルジュ

患者サービス・リスク管理室