麻しんを疑う症状で受診される方へのお願い

掲載日:2018/05/10

麻しんを疑う症状で受診される方へのお願い

沖縄県で麻しんの流行が報告されており、愛知県(名古屋)や東京都を含む沖縄県外でも麻しん患者は発生しています。また、海外の多くの国でも麻しんは流行しています。

麻しん患者との接触後や麻しんの流行地へ行った後、発熱や鼻水、咳、目の充血、発疹等の症状がある場合は、来院前に必ず電話にてお知らせください。また、他の人への感染を予防するためマスクを着けて来院し、総合案内に声をかけてください

院内および地域に麻しんの感染を広げることを防止するため、ご協力をお願い致します。

麻しんは、麻疹ウイルスの感染によって起こり、人への感染力が極めて強い感染症です。

◆潜伏期間:10~12日

◆症状:38度前後の発熱や鼻水、咳、目の充血等の症状が数日続いた後、全身性の発疹が現れ、高熱(39度以上)が3日~4日間続きます。

◆予防:ワクチンを接種して免疫を獲得しておくことが大切です。

※麻しんの予防接種歴を母子手帳などで確認し、2回のワクチン接種をしていない場合には、予防接種を検討してください。また、麻疹にかかったかどうかやワクチン接種歴が不明な場合には、抗体価検査を検討してください。