多発性骨髄腫の論文が出版されました

掲載日:2018/10/15

慶應義塾大学薬学部との共同研究として、ハイリスク染色体を有する骨髄腫細胞にプログラム細胞死を誘導する新規化合物GTN024 を見出しました。

Okayama M., Kitabatake S., Sato M., Fujimori K., Ichikawa D., Matsushita M., Suto Y., Iwasaki G., Yamada T., Kiuchi F., Hirao M., Kunieda H., Osada M., Okamoto S., & Hattori Y. (2018). A novel derivative (GTN024) from a natural product, komaroviquinone, induced the apoptosis of high-risk myeloma cells via reactive oxygen production and ER stress.Biochem Biophys Res Commun, 5(18), 32119-32113.